fc2ブログ

NDロードスターオーディオ取付

マツダのNDロードスターです。オーディオレス車に、ディスプレーオーディを取り付けます。ツイーターの取り付け加工です。ファーストステップで、Aピラーにツイーターを取り付けます。Aピラーの加工です。ツイーターベースの取り付け位置や角度が決まれば、一気に整形しています。ブラックレザーを貼って完成です。バッテリーからの直電源です。プラスマイナスを引き込みます。銅音シリーズのおすすめカラーは、緑と黒色です。バ...

ベリーサにスピーカー取り付け

マツダのベリーサです。音質の向上を狙って、コスパの良いキッカーの「KSモデル」をインストールします。まずは配線です。定番のAETのF125を使いドア配線です。マツダは、もれなくドア配線はカプラーですね。バッテリー直電源も行います。銅音ケーブルの12Gワイヤーをプラス・マイナス引き込みます。デッキは、現状使用されているナビを活用します。音質に影響が出そうな部分は、全て「銅音接続」にします。ドアスピーカー用のイン...

エリシオンに9インチナビ取付

ホンダのエリシオンです。ホンダの最上級のミニバンでしたが、ナビが古く最新版にしたいとの要望にお応えます。非常にゴージャスな内装でナビのモニター部と操作部が大きく離れている事がわかりますね。このころのホンダ車のナビは、高級機として「インターナビ」と言うのがありました。私達アフターマーケットの人間からすると、かなり厄介なシステムなんですねー(笑原則、市販ナビ取付不可の車とされていました。バックカメラも...

RX-7(FD3S)のスピーカー交換

マツダの名作、RX-7「FD3S」の最終6型モデルです。いつ見ても綺麗ですね〜前回、サブウーファーを取り付けさせて頂いた車両に、フロントスピーカーの見直しをさせて頂きます。前回までの作業は、こちら純正の状態に市販バッフルが付いただけの仕様ですが、ここからHiーFi仕様に作業を進めていきます。まずは、2ウエーセパレートスピーカーのツイーターをAピラーに取り付けるために加工をしていきますがFDのピラーは、皮剥からで...

アテンザにオーディオコントロールDSPのデジタルサウンド導入

マツダのアテンザです。今回は、ナビをデジタル出力付きの8インチナビ「NXV-897D」を加工取り付けしてオーディオコントロールのDSP「DM-810」のDAコンバーターにデジタル入力して音創りをします。前回までの作業は、こちら現在のナビです。7インチの彩速ナビ「Z905」が綺麗に取り付いています。今回のアップグレードのキーワードは、デジタル伝送で再生側からDSPまでデジタルで伝送して変換ロスをなくすことが狙いです。ナビ...

FD3S(RX-7)に純正ボーズのサブウーファー取り付け

マツダのRX-7です。とてもとても美しい「FD3S」の6型です。新車としか思えない程、美しいのです。ウチのと並べて写真撮ったり。。まじまじ細部を見たり楽しめますね〜(笑さて、作業内容です。メインは、この持ち込みBOSEの取り付けです。マツダ純正オプションのサブウーファーです。手前の緑色のカプラーの延長部にサブウーファーユニットが2機入っていて、この蛇のような蛇腹を通った振動がその長さにより共鳴して低域の周波...

デミオに遮音処理

マツダのデミオの室内を静かにする遮音作業をさせて頂きます。 車全体を作業していきますが、まずはルーフからです。 あくまでも車を静かにする事が目的なのですが、オーディオの音質に悪影響を与えないように気を使います。ルーフをべた張りするとボディーの強度が変化して、サウンドはもとよりドライビングフィールにも悪影響が出ることがありますので、ここは慎重に作業していきます。 更に吸音材「EVA吸音フォ...

アテンザにドア/エンクロージャー制作

 マツダ「アテンザ」です。現状の音色にとても満足されているのですが。。。 さらなる高みを見たいがためのグレードアップを実施しますよ。前回までの作業は、こちら フロントドアです。現在、16cmウーファーがインナーバッフルで取り付けしていますが、今回その取付を見直します。 内張りをざっくり切って、退路を断ちます。(笑ドアエンクロージャーの制作ですよ。イメージはこんな感じです。16cmウーファー用の...

2ウエーサブウーファーの導入

マツダ「アテンザ」です。今回は、ワクワクする新しいチャレンジを試みます。前回までの作業は、こちら 今回の作業のテーマは、2ウエーサブウーファーです。ラトビアンバーチ材を使いエンクロージャーのパーツを切り出します。 いろいろ試させていただいていますが、今回はビスケット接合です。シッカリとした切り出しができると、正確な組み上げが可能になるため、各部の直角が確実に出て強度が取れます。 このエ...

オプティマレッドのツインバッテリー

マツダ「アテンザ」です。今回は、電源部の強化しとして、バッテリーのグレードアップを図ります。前回までの作業は、こちら マツダ車の多くは、少し大きめのバッテリーサイズが純正で採用されていることが多いですね。特に、クリーンディーゼル車となるとさらに大きめのバッテリーが搭載されているように思います。現状は、パナソニック「カオス」115D26Lが搭載されていますが、セルの回りも少し不安定な時があり換え時かと...

アテンザに「XDSP」導入

以前に真空管パワーアンプ「Q-6L6」を導入されたマツダ「アテンザ」です。今回は、音場をコントロールするためにシステムを少し追加します。前回までの作業は、こちら 今回導入のアイテム達です。主役は、ESX社の「X-DSP」ですね。これにより、真空管パワーアンプもコントロール可能となります。 ケーブルも数本追加となります。Qrino「NeoQR」シリーズで音色をの統合を狙います。 フロントスピーカーは、アコース...

デミオにサブウーファー追加

マツダコネクトタイプのデミオに本格的なサブウーファーを追加します。前回までの作業は、こちら パワーアンプは、ESX社の「XE6440」です。DSPプロセッサーに6チャンネルパワーアンプが融合したモデルですね。マツコネは、純正デッキの交換が難しいので、純正デッキを活用してスピーカー出力からアンプに入力するハイレベルインプット入力で対応します。スピーカーケーブルは、フルQrinoケーブルで、適材適所で使い分けます。...