FC2ブログ

280SLベンツにオーディオ取付

1967年式 280SL メルセデス・ベンツです。SLは2シーター オープンスポーツの最高峰で、280SLは2代目の「W113」です。何時間でも愛でれそうな美しいクラッシックカーですね。 60年代、フェラーリなどのスポーツカーと肩を並べる走行性能を誇っていたと言われるSLですが初代300SLをベースに、1963年には機械式燃料噴射装置付きの2.8L 直6のSOHCエンジンを積んだ「280SL」へ進化し、より高性能、より高級車を強めたコンセプト...

プジョー 106にスピーカー取付

フランスのプジョー106 XSIです。1.6LSOHCエンジンで、5速マニュアルミッションのマニアックな車にスピーカーを取り付けます。 プジョーはDOHCのS16が人気ですが、106はその前進のモデルですね。ボンネットオープナーが、ステアリングコラム部にあり、ボンネットは直角近くまで上がります。これには、少し驚きです。(笑 ドア内張りを外した状態です。 内張りと小物入れです。 オーディオ用のバッフルバー...

シトロエンXMにスピーカー取付

フランスの名車、シトロエンです。なんとも言えない美しいたたずまいですね。このスタイリングと秀逸な乗り心地が、今なお色褪せない魅力的な車だと思います。 しかもXmですね。XMからXmにエンブレムが変更にり、1994年以降の最終モデルです。 エンジンルームを覗くと、見慣れないパーツが並びます。右にあるスフェアと呼ばれる丸い物体が、この車の象徴的なサスペンションシステムですね。ハイドラクティブ サスペンシ...

アバルトのドアチューニング

アバルト「595」です。かっこいい車ですね~素敵です。音も素敵にするためにドア防振をさせていただきますよ。 ドアバッフルの制作です。スピーカーは、JBLです。 カバ桜合板を使って制作し、ビビキタ塗料を塗布します。ヒビキタは、グラムで測り左右のバッフルに同じ量の塗料を使用します。木密度が上がり、より多くの質量を持ったバッフルとなります。また、天然素材のヒノキ成分がカビを防止します。ドア内張りを外し...

フロントドアをウーファーボックス化

オペルです。今回はステップアップで、「ドア防振」から「ドアボックス」に変更します。前回までの作業は、こちら 現状でも良い音が出ているのですが、さらなる高みを目指してドアウーファーをBOX化していきます。 ざっくりデザインを考えながらカットします。この段階で、後戻りはできなくなりますね(笑 BOXの容量を考えながら前面の出っ張りぐらいを確認していきます。 ざっくりですが、BOXの形状ができて...

ジャガー Eタイプにオーディオ取付

イギリスのジャガー「E type」クーペです。1960年代のクラッシックカーに、オーディオを取り付けさせて頂きます。クラッシックカーの場合、その年代のデザイン、雰囲気、純正部品などを大切にする一方で、より楽しくより個性的なカーライフを満喫する想像力は、無限の可能性がありますね。 まずは、恒例のこすらない洗車です。マルっこいボディーは、洗車も楽しいですね~ 小石やほこりを洗い流した後は、ボディーの保護...

メルセデスベンツ SLCにオーディオ取付

メルセデスベンツ SLCです。とても綺麗なクラッシックカーに、Hi-fiオーディオを取付させていただきますので、少し作業の流れとポイントがわかるように、ご紹介させていただきますね。 通常のお預かり車両も同様ですが、可能な限り小傷をつかないために、擦らない洗車をさせて頂きまして、保護シートを必要に応じて貼らせていただきます。塗装に影響が出ないように、高品質で剥離性の良い保護シートを用意しています。取り扱...

オペルのシステム変更

オペルです。以前に、車を静かにする「遮音処理」とサブウーファーを取付させていただきました車ですが、今回はシステムを少し変更することとなりました。オーナー様は、ご自分でシステムを考え想像するのが大好きなので、Adagioとしては、インストール面と音色調整に全力でサポートします。前回の作業は、こちら ユーザーがお持ちのロックフォードスピーカーに交換です。バッフルには、少しこだわったカバ桜合板のスピーカー...

アバルトのサウンドチューニング

アバルト「595コンペティツィオーネ」です。現在のオーディオシステムをサウンドチューニングさせていただきますよ。  現状のシステムを変更することなく、サウンドを見直します。 オーディオユニットを変更も追加もせずに、音色バランスを変更することは通常難しいとされていますが「Adagio」では意外にも多くの調整項目がありますので、かなり狙った方向に振ることができるのです。 勿論、ご予算があります...

オペルに重低音計画

オペルにハイパワーな重低音を響かすための施工を紹介します。少し本格的なプランですよ。 まずは、環境整備からです。サブウーファーのエネルギーを受け止めれることのできる環境を作ります。なんといってもルーフ(天井)は重要ですね。 広い面積の平らな鉄板部は、その大きさにあった共進周波数を生みますので、分割共振の少ない面共振になるようにすることで、共振周波数を下げます。制振材は、ダイポルギーの「FDC-2...

プント エヴォにオーディオデッキ

 フィアットのプント EVOです。「エヴォ」は、進化(EVOLUTION)のことのようですね。 純正デッキの調子が悪く、どうせなら高音質のデッキに交換したいとの要望にお応えします。取り付けの難しい外車ですが、なんとかなります。(笑 デッキは、パイオニアのカロッツェリアDEH-970です。さらに、「銅音端子」を使いより高音質化を狙います。デッキ交換だけでも大きく音に差が出ますが、最終の調整ではさらに差が出ま...

BMW 323i(E90)オーディオ取付

BMW 323i Mスポーツです。純正デッキから、市販の2DINナビに変更して音質もグレードアップします。ナビは、ハイレゾ音源が聴けるケンウッドの彩速ナビ「MDV-Z702」ですよ。 BMW E90は、純正デッキを完全に外すと問題が出ますので、純正デッキを移設する必要がありますが、少しこだわってまったく邪魔にならない場所に固定します。 少しの加工が必要ですがスマートに固定したいですね。 こんな感じになります。純...