メルセデスベンツ SLCにオーディオ取付

メルセデスベンツ SLCです。とても綺麗なクラッシックカーに、Hi-fiオーディオを取付させていただきますので、少し作業の流れとポイントがわかるように、ご紹介させていただきますね。 通常のお預かり車両も同様ですが、可能な限り小傷をつかないために、擦らない洗車をさせて頂きまして、保護シートを必要に応じて貼らせていただきます。塗装に影響が出ないように、高品質で剥離性の良い保護シートを用意しています。取り扱...

オペルのシステム変更

オペルです。以前に、車を静かにする「遮音処理」とサブウーファーを取付させていただきました車ですが、今回はシステムを少し変更することとなりました。オーナー様は、ご自分でシステムを考え想像するのが大好きなので、Adagioとしては、インストール面と音色調整に全力でサポートします。前回の作業は、こちら ユーザーがお持ちのロックフォードスピーカーに交換です。バッフルには、少しこだわったカバ桜合板のスピーカー...

アバルトのサウンドチューニング

アバルト「595コンペティツィオーネ」です。現在のオーディオシステムをサウンドチューニングさせていただきますよ。  現状のシステムを変更することなく、サウンドを見直します。 オーディオユニットを変更も追加もせずに、音色バランスを変更することは通常難しいとされていますが「Adagio」では意外にも多くの調整項目がありますので、かなり狙った方向に振ることができるのです。 勿論、ご予算があります...

オペルに重低音計画

オペルにハイパワーな重低音を響かすための施工を紹介します。少し本格的なプランですよ。 まずは、環境整備からです。サブウーファーのエネルギーを受け止めれることのできる環境を作ります。なんといってもルーフ(天井)は重要ですね。 広い面積の平らな鉄板部は、その大きさにあった共進周波数を生みますので、分割共振の少ない面共振になるようにすることで、共振周波数を下げます。制振材は、ダイポルギーの「FDC-2...

プント エヴォにオーディオデッキ

 フィアットのプント EVOです。「エヴォ」は、進化(EVOLUTION)のことのようですね。 純正デッキの調子が悪く、どうせなら高音質のデッキに交換したいとの要望にお応えします。取り付けの難しい外車ですが、なんとかなります。(笑 デッキは、パイオニアのカロッツェリアDEH-970です。さらに、「銅音端子」を使いより高音質化を狙います。デッキ交換だけでも大きく音に差が出ますが、最終の調整ではさらに差が出ま...

BMW 323i(E90)オーディオ取付

BMW 323i Mスポーツです。純正デッキから、市販の2DINナビに変更して音質もグレードアップします。ナビは、ハイレゾ音源が聴けるケンウッドの彩速ナビ「MDV-Z702」ですよ。 BMW E90は、純正デッキを完全に外すと問題が出ますので、純正デッキを移設する必要がありますが、少しこだわってまったく邪魔にならない場所に固定します。 少しの加工が必要ですがスマートに固定したいですね。 こんな感じになります。純...

オペル サウンドチューニング

オペルのサウンドアップ作業です。ヘッドユニットをパイオニアの「DEH-970」に変更して、フロントスピーカーの取り付けを見直します。 スピーカー交換のためバッフルはカバ合板で作り直します。 通常のインナーバッフルから9mm前に出して透過率の高いカバーに作り直します。 グリスの真ん中にスピーカーの顔出しを調整します。  フロントスピーカーのフィニッシュです。 メインバッテリーのターミナ...

英国の貴族車~来店

イギリスのバンデン プラ プリンセス 通称「バンプラ」と呼ばれていますね。渋すぎる英国車です。ミニ・ロールスロイスみたいでかっこいいですね~なんでも、ステレオの音が出ないそうです。ラジオしかないので、昨今の1DINデッキをお勧めするも、これでいいのだそうです~ (笑非常に珍しいフィリップスのチューナのようです。もちろんアナログです。(笑現在のデジタル放送でもアナログチューナーで受信できるはずなので、やは...

オペルにフロントスピーカーチューニング

オペルのオーディオをアップグレードする作業です。お客様の現状のピーカーを再構築させて頂きますよ。ツイーター設置のポジションは、純正位置のドア内張り内よりAピラーに変更です。この作業だけでも、音場の広がりやサウンドステージが大幅に改善できます。大切なのは、角度出しですね。視野を阻害せずに純正イメージに近いポジションで角度を決めていきます。今回の作り物です。Aピラーとドア用のバッフル坂です。内張りは、ダ...

ボルボV50のドアチューニング

ボルボ V50のドアチューニングをいたします。システムは、純正ですよ。しかし純正でもサウンドクオリティーを上げる方法は多くあります。これが、純正スピーカーです。純正スピーカーは、ペーパーコーンで軽く動き低音も十分に出ますが、問題はコーン紙に強度がないことです。ここでは、質量を増やさずに強度を上げる特殊なチューニングを施します。ツイーターは、純正のネットワークを変更して音色作りですよ。内張りは、非常に重...

 ローバー「RV8」にツイーター取り付け

ローバーの「RV8」に音場を良くするための手段として、ツイーターを追加します。もともと、サイドミラーのようですがこのたびフェンダーミラーに交換されたようでドアミラーの裏側にスペースができたのです。純正のイメージを壊さずに取り付けてほしいとの趣旨は今回も重要です。樹脂のカバーが用意されているので、ベースから作る必要はないので純正ぽくできると思います。基本は、パテ盛りの成型です。スピーカーは、旧MBQUARTの...

ローバー RV8にオーディオ取付

イギリス ローバーの「RV8」です。世界生産2000台のオープンカーですよ。とても恰好の良い車ですが、内装のイメージを変えずにお持ちのナカミチ「TP-1200」を取付ます。ドア内張りです。一枚ものの強度が無い内張りをダイポルギーの制振塗料「DP-201」を塗布します。DP-201は、水性の液体塗料ですが乾燥すると繊維質が反発して強度が出ます。ドアの鉄板には、「ぺたり音Fe」を使用します。少量の制振材で、均等バランスの響きにす...