レボーグに200mmワイドナビ取付

_DSC3060.jpg
スバルのレボーグです。

ケンウッド彩速ナビ「MDV-Z702W」を取付します。
「W」なので、ワイドタイプなんですよ!



_DSC3064.jpg
オーディオレスの純正パネルです。

レボーグには現在、200ワイドパネルなるものが市販されていないので、少し難易度の高い加工取付となります。



_DSC3417.jpg
加工内容は、フロントパネルの光沢面に傷が付かないように慎重な作業が必要となります。
光沢面を割らないように切削して、切削面の磨き込みも必要です。

裏側の固定ベースも大幅なカットが必要なので少し大変です。(笑)

さらに、パネルの表面の出っ張り具合を調整する作業が必要で、取付金具の穴位置加工が必要ですよ。



_DSC3443.jpg
パネル加工の完成です。

慣れてくると感覚で削れますが、やはり神経を使いますね。(笑)




_DSC3593.jpg
バックカメラは、これもプチ加工で埋め込みます。

外観上の「後から付けた感」が有るのは美しく無いですよね。



_DSC3519.jpg
ETCです。
これも、プチ加工です。

使いやすさやセキュリティーを考えるとベストなポジションですね。



_DSC3568.jpg
取付完了です!

純正と感じるぐらい仕上げでは無いでししょうか。。。(笑)


180mmと200mm幅では、画面サイズはまったく同じなんですよ。
ケンウッドの200mmのワイドナビは、右側に大きなスイッチとロータリーボリュームが付きますが、見た感じの安心感や操作性は、やはり200ワイドが圧倒的に良い感じがしますね。



_DSC3603.jpg
「彩速ナビ」は、音質もハイレゾ音源192KHzがダイレクトに再生できて、内臓アンプですが音質も非常に良い感じです。


加工取り付けになりますが、レボーグに「ワイドナビ」は、お勧めですよ~






オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する