レガシーBRM サウンドチューニング

_DSC2592.jpg
レガシーBRMです。

自作での取り付けですが、サウンドチューニングをさせて頂きます。



_DSC2628.jpg
メインのフロントドアは、まず清掃です。

現状の制振材や純正のブチルゴムなどは、可能な限り取り除きます。

その後、システムの状況に合わせてイメージをします。

内臓アンプのパワー不足を如何にうまく鳴らすためのドア内環境にするかです。



_DSC2630.jpg
Oscar防振ではおなじみのフィニッシュですね。

この形は、ノイズレスマットでドア内の容量を稼ぐことと、鉄板の共振音を遮断する役目があります。

この「ノイズレスマット」を使わないと始まらないスタイルのチューニングなんですね。



_DSC2638.jpg
インナーバッフルは、カバ桜合板を使用します。

硬くて加工性は良くありませんが、水対策も必要なく音色が良いのが特徴です。



_DSC2665.jpg
バッフルの大きさや質量も可能な限り大きめを意識しています。



_DSC2730.jpg
内張りのチューニングも定番アイテムのダイポルギー「DP-211」を使いペタリ音で面共振にもっていきます。
ウエーブキャンセラーも重要なポイントですね。



_DSC2749.jpg
さらに、ツイーターの裏側の吸音で音場が大きく変化します。
「ハニカムウエーバー」を適量仕込むだけで、多くの場合に音場が安定します。



_DSC2751.jpg
電気的に変更がなくてもエージングが必要です。

少し落ち着いたら、最終の微調整を行い完成ですが、現状でも中低域のSNが良く、制動の利いたドラムが気持ちよく響きます。
ボーカルも芯のある自然な音色が良い方向ですので、かなり期待できそうな仕上がりなので安心感があります。(笑)








オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する