Nワゴンのサウンドチューニング

_DSC5001.jpg
ホンダのNワゴンです。

現状の純正システムをサウンドチューニングしますよ。



_DSC5013.jpg
何をするにもまずは、ドアの清掃からです。

ここを綺麗に処理しないと次へは行けません。


_DSC5018.jpg
Adagioのドア防振では、もはや定番のアイテムになっている「ぺたり音」鉄板用です。

左右のドアの音色を合わすためには、これ以外の選択肢が今のところ浮かびませんね。

少量の制振材で、安定した面共振を狙います。



_DSC5033.jpg
インナー側の鉄板部の施工ですが、この辺りはドアの形状や強度、アンプのパワー、狙ったサウンドなどで変化します。

おもな使用部品は、「Y100」「アルミガラスクロステープ」です。

素材特有の付帯音が付きにくく強力に鉄板を補強します。


_DSC5035_20150707134335136.jpg
「ノイズレスマット」を純正のビニールの要領で貼ります。

この遮音マットにより、サービスホールの抜きによる音の回り込みが無くなり、鉄板の付帯音も遮音してくれます。
さらに、水対策にもなるので重要なポイントですね。



_DSC5074.jpg
純正のスピーカーです。

今回このスピーカーに特殊な調整をしますよ。
コーン紙を重くせずに強くする特殊な処理を行い純正のスピーカーをグレードアップします。



_DSC5067.jpg
ドア内張りは、インナー側鉄板同様の「ペタリ音」ですが、こちらは内張り(プラステック)用です。

ここでも、内張りを重くせずに面共振になるように心がけます。


_DSC5101.jpg
完成です!

サウンドを聞きながら微調整を考えます。
純正スピーカーのドアマウントのみなのですが、イメージングは良好です。

低音域の量感も悪くない状態ですがもう少しエネルギーが乗るとさらに良さそうですが、純正だからこんなものと考えずに対策を考えます。




_DSC5085.jpg
そこで、最終調整でカーボンナノホーンの「電伝」を活用します。

バッテリー端子を少し緩めて、電伝を1滴垂らして端子をぐいぐいと回します。
そのはみ出した液は拭き取り、端子を締め込みます。

これだけの作業ですが、驚きの効果が期待できますよ。
今回もパワー感に加えて、レスポンスも高揚して音楽全体の音場感が広く深くなった感じです。

純正のスピーカーでも純正のナビでもこんなに楽しい音に出会えるのですね。


非常に、有意義なサンプルになりました。(笑)








オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する