アップコンバート実験

_DSC0190.jpg
最近になって「DSD」が気になって仕方がないんですね。(笑)

ソニーの「HAP-S1」から、パイオニアの「N-50A」に変更した事で、DSDを聴く機会が増えたこともあり

DSDの1bitオーディオにどんな可能性があるのかワクワクしています。



無題
そこで、こんなのを作ってみましたよ。

画像では、少し見にくいかもしれませんが、CDの音源「16bit 44.1k」をDSDのファイル「DSF 2.8M」「DFF 2.8M」「DFF 5.6M」などに変換することができました。
もちろん、PCMからの変換なので本物では無いのかもしれませんがどうでしょうか!

見てわかるのは「DSF 2.8M」と「DFF 2.8M」では、ファイルのサイズがまったく同じなんですね。

DSFは、ソニーのバイオなどで作れるファイルなんですが、タグの自由度があるようです。
DFFは、音楽制作の現場で使われるファイルのようです。

どちらにしても、元音源よりも4倍の容量を取ります。

5.6Mなんて、8倍ですからすごいですね~(笑)





_DSC0185.jpg
PCMのハイレゾでのアップコンバートは、いろいろ試しまして結果的に魅力的なものも有ったのですが、すべてのファイルをアップコンバートする気にはなれませんでしたね。

さてさて、DSDではどうでしょうか?
私の感想はまた書くかもしれませんが、お近くの皆さんは聴きに来てくださいね~(笑)

少しマニアックな視聴ですが、多くの方が気にはなっていると思います。
カーオーディオでは、未だにDSDがネイティブで出力するヘッドユニットはありませんが、近い将来DSDも聴けることを願いつつ
当面は、ホームのPCやネットワークオーディオで「DSD」音源を楽しみたいですね~




オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。
音造りは、「自然界の音色」をテーマに取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・宝塚や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp










関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する