レガシーB4のサウンドチューニング

_DSC0800.jpg
レガシーB4のサウンドチューニングです。

システムを変えないコストパフォーマンスなチューニングで、大幅なサウンドアップを狙います。



_DSC0777.jpg
ヘッドユニットは、純正デッキの活用ですが、スピーカーケーブルは新たに引きます。




_DSC0762.jpg
バッフルも作り直すとさらに良いのですが、優先順位をつけますよ。

信号経路の銅音端子は、非常に重要ですね。



_DSC0768.jpg
ドアチューニングです。

表面上は、ノイズレスマットとアルミガラスクロステープですね。

中身は、整流をイメージし振動を速く無くすための機能を重視しています。



_DSC0750.jpg
ドア内張り施工です。

足付け、ダイポルギーDP塗布、ペタリ音PP作業、ウエーブキャンセラー設置などです。

この作業は、非常に重要な部分で、フロント内張りの施工は付帯音が減り濁りのないサウンドが期待できます。



_DSC0816.jpg
ピラー加工です。

ここで重要なのは、質量です。
ある程度、ピラーに質量を入れたほうが、共振が減り伸びやかな高音が期待できます。

ネットワークは、6dBで数個の部品を選別しています。



_DSC0842.jpg
信号経路に真鍮製の端子は禁物です。

銅音端子でジョイントします。



_DSC0825.jpg
ツイーター位置がピラーになったこともあり、非常に豊かな音場が広がります。

ケーブルの引き直しと銅音端子により歪をほとんど感じない落ち着いた音色で、ドア防振の効果と相まって音量を上げても気持ち良く聴けます。

昨今の傾向として、純正デッキを活用することが増えてきています。
中には、非常に厄介で難解な音色を持ったデッキもありますが、いろいろと裏メニューを駆使して結構まとめることができるようになってきましたよ。(笑)






オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。
音造りは、「自然界の音色」をテーマに取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・宝塚や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する