キャラバンに真空管サウンド

_DSC4335.jpg
日産のキャラバン「NV-350」にシステムアップです。

この車は以前に、フロントシステムを構築していましたが、今回さらなる高音質を求めた追加作業です。




_DSC5403.jpg
ヘッドユニットは、アルパインの「ビッグX」ですが、今回新たにオーディオ専用デッキを導入します。

そのために、無い所に取り付けるためのスペースを作りますよ。

しかし、ダッシュボードを切るのは勇気がいりますね~(笑)



_DSC5428.jpg
1DINデッキを固定するためのベースを作ります。



_DSC5474.jpg
パネルの完成です。

純正風仕上げでさりげなく仕上げました。



_DSC5548.jpg
パイオニア「DEH-P01」取りつけです。





_DSC5199.jpg
さらに、さらにQrino真空管プリアンプ「CA-7」を取りつけます。

此処もスペースの厳しい場所ですね。




_DSC5561.jpg
パイオニアの「DEH-P01」をメインデッキとして、「CA-7」のセレクターでアルパインの「ビッグX」との音声を切り替えます。

「CA-7」からの出力は、キッカーのチャンデバを通してQrino「PA-7」をバイアンプでツイーター・13cmウーファーをドライブします。




_DSC5557.jpg
ツイーターとウーファーが非常に離れてしまう車なのですが、良い感じの一体感が聴けます。

オーディオ専用デッキのクオリティーの高さに加え、Qrino「CA-7」の真空管テイストが音楽をより高い次元に引き上げているようです。
自然で聴き疲れを感じ無い音色に、ビブラートが気持ち良く広がり、ゾクッとするような色気あるボーカルが現れます。


スペースが多くありそうで、意外に無いキャラバンですがグローボックス付近でオーディシステムがまとまりました。
操作性もリモコンのおかげで悪くなく、運転席からのデッキの視認性もまずまずですので、このような取り付けもありかと思いますよ。


何よりも

ワクワクします。(笑)








オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。
音造りは、「自然界の音色」をテーマに取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する