RX-7「FD」のバージョンアップ

_DSC8401.jpg
マツダの名車RX-7です。

こだわりのFD乗りのユーザーらしく、3年近くサウンドナビの内臓アンプで、音色を追いこまれました。
取り付けは、私ですが調整は自身でされますので、毎回聴くサウンドの進化が楽しみな車です。

今回はついに、

内臓アンプで満足のいく結果を得たと実感され、次へのステップに進む決断をされました。(笑)




_DSC8482.jpg
まずは、スピーカーケーブルです。

アンプは内臓アンプから外部アンプに変更となるので、ケーブル類はすべて見直しです。

Qrino「14C」ですね。



_DSC8484.jpg
ドア配線は、やはり大変です。

カプラータイプは、嫌いです~(笑




_DSC8490.jpg
ドア防振も少し見直しです。

パワーアンプのエネルギーを少し考慮して微調整です。
調整の範囲が広くとれるようワイドレンジ仕様を考慮します。




_DSC8530.jpg
パワーアンプですが。。。

なんと、3台ものアゼストのパワーアンプをお持ちなので、すべてを同条件で聴いて最も高感度の高い筐体を選びます。

すべて個性が違うので、おもいろいものです。(笑)




_DSC8611.jpg
RCAケーブルは、こちらのQrino「Neo-QR」です。

落ち着いたナチュラルバランスで、大人のサウンドが特徴ですね。





_DSC8540.jpg
遮音処理の出来たベースにアンプラックを作ります。




_DSC8673.jpg
サブバッテリーは、オーリックスです。
オーリックスは、アメリカのフォーカーバッテリーのセルが入っています。

高音質で、定評のある「オデッセイバッテリー」と同じセルですね。




_DSC8671_20160523224350faa.jpg
サブウーファー用のパワーアンプはソニーのD級アンプです。
非常に珍しい、純正ボーズのオロチウーファーを見事に鳴らします。

しかし、ここまで来るのにずいぶんご苦労されていました。(笑




_DSC8665.jpg
完成です。

スポーツカーらしいコクピットに、なんとも分厚い音色が広がります。
マッキンの流れなのか、重心の低めの力強さが印象的です。


良い感触ですよ~


また、微調整は1からですが成長の楽しみな1台ですね。






オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。
音造りは、「自然界の音色」をテーマに取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する