N-BOXに200mmワイドナビ取付

_DSC1604_20160618232346d2d.jpg
ホンダ「N-BOX」にケンウッド彩速ナビ「MDV-Z702W」を取り付けますよ。

ただ、少し問題があります。
この「W」が問題なんですね!

N-BOXは、普通で考えると180mmの7型2DINナビが適応しますが、「200ワイドナビ」の取り付け依頼なんです。

サイズ的には入らないサイズではないので、かる~く引き受けてしまいました。 (笑



_DSC1612.jpg
彩速ナビ「Z-702W」に普通の2DINパネルを乗せてみましたよ。

結構なワイド幅ですね。

こ、これは大変そうな。。。(笑




_DSC1618.jpg
N-BOXの純正パネルを乗せてみるも入るはずがありません。

パネルを加工しすぎると、塗装するはめにもなりかねませんので慎重に加工イメージをします。



_DSC1627.jpg
ナビの配線やらアンテナやらを片づけて、デッキを固定します。

ここでも、ワイド部分が干渉しますのでパネルの固定強度が弱くならない部分をカットしてデッキを納めます。

すでに、ナビ固定用のビス4本がギリですね~



_DSC1639.jpg
問題のパネル部の加工です。

慎重に少しづつ削り出します。

先のインフラで、工房のエアーシステムが安定しているので加工そのものは快適ですよ~ (笑

純正パネルのデザイン上ぎりぎりのところでナビのウイングがかわせないと、大掛かりなパテ&塗装になってしまいますが、何とか行けそうですね。

フィニッシュは、軽く耐水ペーパーで磨きます。



_DSC1657.jpg
完成です。

ナビの上下に対して純正パネルのほうが大きく、上下に隙間が空くので純正風のプラ板を加工して目隠しです。






_DSC1710.jpg
ナビのウイングもギリギリで当たっていないようです。



_DSC1723.jpg
こんな感じです。
デザイン的にも純正風に仕上がったと思います。


やはり、広さを感じますね。

180mmサイズだと、右のロータリーボリュームの列がないので、操作性や見た目の大きさも広く感じますのでワイドの要望があるのもうなずけますね。

画面サイズは、同じなんですけどね。。。(笑)




_DSC1726.jpg
普通にナビの取り付けですが、サウンド的には、隠し実験を毎回少しさせていただいたりしたりしています。

ユーザー様にも説明しないことが多いのですが、ちょっとした作業でもありがたい実験に、密かに協力していただいている訳ですね(笑)
ハイレゾ24bit96Khz 192Khzのダイレクト再生ができる「Z-702W」ですので、純正スピーカーでもそれなりのクオリティーは期待できますが、さらに楽しんでいただけるものにしたいと考えています。


Adagioでは、普通にナビを取り付けても「音は少し良い感じ」になるように努めて実験させていただいていますので、実験体希望の方は「ナビ取付」だけでも、ご相談くださいね。









オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。
音造りは、「自然界の音色」をテーマに取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する