フィールダーハイブリッドにHi-Fiオーディオ取付

_DSC9826.jpg
カローラフィールダーのハイブリッドに、Hi-Fiサウンドをインストールします。

ヘッドユニットは、ケンウッドの彩速ナビ「Z-702」
キッカーのIQアンプでQrino「AAスピーカー」をドライブしますよ。



_DSC9903.jpg 
作り物の途中経過ですがツイーターの取り付けは、Aピラーです。
アルミファイバーパテをメインに使用します。質量と内部損失の高さが音質に有効ですね。

バッフルは、カバ桜合板でしっかりと作りますが少しポイントを紹介します。



_DSC9914.jpg 
バッフルにスピーカーの下穴をケガくところです。

この作業は、地味に重要なんですよ。
この作業がずれていると、音にばらつきが出るため左右の音色が合わなかったりスピーカーを外すたびに音色が変わったりと大変なのです。



_DSC9925.jpg 
穴位置を決めすると、次は正確に直角に下穴をあけます。

これも同じ理由で重要なんですね。



_DSC0048.jpg 
バッフルの完成です。

他にもいろいろと技術が隠れていますよ~(笑



_DSC0089.jpg
完成形のAピラーですが少しチューニングします。


_DSC0102.jpg 
ハニカムウエーバーを固定する特に大変有効なポットボンドです。



_DSC0124.jpg 
Aピラーの裏に仕込むと有効なチューニングが期待できます。
今回は、定在波を中和して中高域の濁りを防止する狙いですよ。

 

_DSC0141.jpg 
助手席の下は、思いのほかスペースがありません。
2段重ねでレイアウトします。
マルチもできますが、あえてパッシブで音色を整えます。



_DSC0158.jpg 
パッシブの端子も銅音端子で結線することで、比較的簡単に部品の交換が可能なので追い込みが楽です。



_DSC0177.jpg 
バッテリー部です。

この車は、運転席の後ろの後部座席下にバッテリーがあるので配線は比較的楽できます。(笑)



_DSC0243.jpg 
キッカーのIQアンプ「IQ-500.4」です。

DSPもクロスオーバーもイコライザーも調整できます。
ヘッドユニット側にあるDSPに比べると調整が細かく動きが非常に良いので微調整がやりやすいですね。



_DSC0233.jpg 
ハイレゾがダイレクトに鳴る彩速ナビ「Z-702」の音色に、IQアンプの情報量とQrinoスピーカーのハード系振動板の相性が良く低音部から高音部の音色が整います。

銅音の電源ケーブルを組み合わせると、ウオームな温度感が出てきて余韻も空気感も気持ちよく減衰します。

銅音端子は、必須と考えますがRCAケーブルやスピーカーケーブルの組み合わせで、オーナーさまの好みに振っていきます。

これにより、イコライザーもクロスオーバーも不要となり、IQ-500.4でDSPのみを行うことでCPUの負担が低減するため処理能力が向上して音質が安定すると考えています。


こと、オーディオに関しては

どんな時代になっても、アナログ技術が重要だと言えますね。(笑)








オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。
音造りは、「自然界の音色」をテーマに取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



<a href="http://qrino.web.fc2.com/adagio_page/adagio_eigyou.html" target="_blank" title="&lt;strong&gt;オーディオショップ「Adagio」&lt;/strong&gt;"><strong>オーディオショップ「Adagio」</strong></a>
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する