ADバンを高音質サウンドに

_DSC4799.jpg
日産の働く車の代名詞、「ADバン」です。

少し前にケンウッドの彩速ナビ「Z702」を取り付けた車なのですが、今回さらなる高音質を目指してシステムアップです。




_DSC4631.jpg 
まず求めるものは、ハイレゾ音源を見据えたワイドレンジな高音質とチャレンジするシステムの面白さです。

ユーザーさまとの打ち合わせの中で、フロント音像定位をより確実なものにするため、リスナーの「後ろにスピーカーをつけたく」ないと言うコンセプトにまとまりました。

そこで、フロントで音圧を稼ぐ作戦を順次トライするステップを踏みますが、まずは基本となるベースシステムを全力で構築します。





_DSC4661.jpg 
インナーバッフルです。

カバ桜合板のヒビキタ仕様で、ローエンドを見据えたしっかりとした土台を作ります。



_DSC4647.jpg 
ケーブルは、Qrinoケーブルたちです。

車用に考えられた完成形のケーブルですので、取り回しが非常に良い細さと柔軟性を持ちながら、バランスの取れた芯のあるあるサウンドが魅力的なケーブルです。

細いといっても、迫力ありますね。(笑




_DSC4667.jpg 
ドア防振の完成図です。

いつものオスカー防振のようにも見えますが、少し違うのです。
ドアスピーカーにはHiパスをしない予定ですので、低音域を受け流す仕組みを作ります。



_DSC4618.jpg 
ドアは、少しでもローを欲張りたいので純正のグリルを透過率を嫌って、アウターカバー化します。





_DSC4728.jpg 
こちらも、いつもの「ペタリ音」と違い最初にして「OBM-2」を多用し全体を均一に重くしています。






_DSC4721.jpg 
パワーアンプは、Qrinoエコアンプ「PA-7」です。

ツイーター用と16㎝ウーファー用にバイアンプ・バイワイヤリング接続となります。

インシュレーターは、試作のものを内緒で実験させていただきます。(笑



_DSC4761.jpg 
助手席した部に、アンプラックを固定します。

座席の下に空間がある車は、有効ですね~



_DSC4771.jpg
メインバッテリーは、キネテックの「オレンジ」を使います。

とても重いバッテリーですが、熱に強く低音が非常に粘るバッテリーなので、今回のフロント重低音作戦にはピッタリの選択かと考えていますよ。





_DSC4746.jpg 
Aピラーの完成です。

ダブルツイーターとして、広帯域な再生レンジを狙います。

黒レザーは、渋いですね~



 


_DSC4784.jpg 
AAツイーターとBeスーパーツイーターによる新境地?です。。。

ハイレゾサウンドの広帯域をカバーする計画です。



_DSC4774.jpg 
完成です。

Z702のハイレゾサウンドをQrino変則3ウエースピーカーが奏でます。

サブウーファーレスで超ワイドレンジを目指してみましたが、予想以上にバランスの取れた音色が聴けます。(笑

重視していた重低域は、なかなかの鳴りっぷりです。
しいて言うと、量感は十分ですがローエンドのエネルギーが少し乗らないところに次の課題を感じますが、全体的なサウンドは非常に楽しい音色でワイドレンジをカバーしています。


ファーストステップとしては、非常に良い感触ですので、今後の成長が楽しみですね~(笑







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する