アテンザにアコハ /マグネシュームスピーカー「GSP1」取付

_DSC7332.jpg
マツダのアテンザにシステムアップで、アコーステックハーモニーの新製品のスピーカーをインストールします。

発売されたばかりの新製品で、カーオーディオ初のマグネシューム振動板の3ウエーですので、大変貴重な検体ですね。(笑

前回の作業は、こちら



gsp1-01.jpg 
取り付ける新製品はこちらです。

アコーステックハーモニーブランド

■GSP1 ¥300.000円+税 
3ウエースピーカーシステム
25mmマグネシューム スーパーツイーター
50mmマグネシュームツイーター
16㎝マグネシュームフルレンジウーファー
 
*フルマグネシューム振動板で、ハイレゾサウンドのハイエンドを見据えた新設計ですね。

より詳しくは、こちら




_DSC7527.jpg 
全体写真です。
ケーブルは、私が付けましたので本来は、ユニットのみです。

パッシブや取付用のアタッチメントは、別売で用意されています。




_DSC7444.jpg 
取付ポジションをAピラーとしますので、可能な限り最少となるベースバッフルを製作しました。
クリアランスがかなり厳しいので数回の作り直しの末、上記形状となりました。

ツイータースコーカーは、別売のアタッチメントを購入することもできますが、サイズが大きくなるため自力でベースを考案しましたよ。




_DSC7497.jpg 
ベースができれば、いつものAピラー加工です。

少し大きくなりますが、違和感なく収まると思います。
問題はツイーターとスコーカーのポジションと角度ですね。
同一面で各ユニットの距離差を無くすことができれば理想なのですが。。。

さらに、施工のポイントとして、ツイーター単体よりも低音域が出ますので、重くてシッカリとしたアルミファイバーパテが有効かと考えますので、大量に使って比重を稼ぎます。




_DSC7567.jpg 
最終成形は、ポリパテ硬貨後にサンディングです。

純正イメージと違和感が少なく、小型に見えるようにライン出しを考えます。

最後は、塗装をする勢いでつるつるにしますよ。




_DSC7647.jpg 
Aピラー加工の完成です。

裏側の処理は、OBM2を使ってふさぎます。
ここでは、エンクロージャーとは考えずに、回り込み防止と考えます。

アコハ、曰く100CCのバックキャビティーを確保すれば280Hzまで引っ張れると言っています。




_DSC7536.jpg 
16㎝用のバッフルです。

アテンザは、巨大なバッフルを作ることができるので、音質的には非常に有利ですね。




_DSC7554.jpg 
ドア防振の見直しも完了です。

オスカー防振の良いところは、目的に合わせてチューニングできる範囲が広いことですね。

初期の音出しでは、少し軽めの印象のためローエンドのエネルギーを太くするための調整を見直しています。




_DSC7680.jpg 
ツイータースコーカーの装着図です。

3ウエーとは思えない、小型サイズでインストールが完成です。



_DSC8284.jpg 
さらに、カバーを作りました。



_DSC8291.jpg 
こんな感じです。

ツイーターのネットを外すと盛り上がりもなくなるのですが、少し保護に不安なのでこのままにしています。




_DSC7697.jpg 
カバーを外した状態です。



_DSC8296.jpg 
カバー付きです。

マグネシューム・3ウエースピーカーですが非常に小型のユニットですので2ウエーシステムと、ほぼ違和感なく仕上がっていると思います。

システム的には、DEH-970をデッキとして、キッカーのIQアンプ「1000.5」の5チャンネルアンプを使い、4チャンネルの2チャンでパッシブを製作して25mmツイーターと50mmスコーカーをドライブして、もう2チャンネルで、16㎝を鳴らしています。

もちろんモノラル出力は、サブウーファー(CWQ10)です。

IQアンプのTAを活用した調整ですが、見事に1つの音源に倍音が集まります。
同一素材の利点がここでもはハマりますね。

マグネシュームの特性なのか、非常にハイスピードの中低音がうねりを上げます。
ジャズのウッドベースなど、芯のある弦の響きは絶品ですね。

今後のエージングでさらなる驚きの音色が期待できそうなシステムに仕上がったと思います。



これは、なかなかの好印象ですよ!


マグネシューム3ウエー







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する