ランドクルーザーに「Adagio」のおすすめプラン

_DSC9647.jpg
トヨタのランクル「プラド」のディーゼル車です。

オーディオレスからのステップアップですよ。
長く乗りたいので、オーディオは少し良い音で聴きたいとの要望で、Adagioのおすすめ「Qrino」スピーカーを使ったHi-Fiサウンドをインストールです。

デッキは、ハイレゾやDSDも再生できる、ケンウッド彩速ナビ「MDV-Z904W」で、
内臓アンプを活用して、Qrino「AAスピーカー」をドライブするシステムですよ。




_DSC9957.jpg 
毎度のことですが、ドア鉄板はとにかく綺麗に清掃します。

純正のビニールを固定しているブチルゴムを残さないことも重要な音作りの第一歩です。



_DSC9824_20170212114606cc0.jpg 
参考までに、純正のスピーカーです。

以前より、少しコストダウンの流れを感じますね。




_DSC9966.jpg 
いきなりドア防振のポイントです。(笑

現在、検証をしている項目の1つに特注のVFE素材で、鉄板とバッフルの間に噛ます緩和剤兼シール材を実験しています。

この新車もひそかに、検体なんです。(笑





_DSC98031.jpg 
小さなことですが、重要なことです。

バッフルにスピーカーを固定する下穴開けは、とても重要です。
スピーカーを止めるビスの本数やトルクで音色が変わることは何度も申しておりますが、スピーカー固定のビスが斜めから入ったり、ビス同士が引っ張り合ったりさらには、バッフルにヒビが入ったりするとお手上げです。
狙った音は出ないし、左右で音色が異なり良い音とは、とても言えなくなります。

スピーカー固定穴のセンターに、「直角」に「同一の深さ」で下穴をあけること。
この単純な作業が意外に重要なんですよ。





_DSC9809.jpg 
素材により放水加工の方法は異なりますが、防水対策が必要のない板材を選ぶことも重要ですね。

防水のために、FRP樹脂やウレタン塗装をしなくてはならないのであれば、音質面で不安が残ります。

Adagioでは、ほとんどの場合に「カバ桜合板」か「桐などの集成材」を使います。




_DSC0004.jpg 
スピーカーケーブルは、味付けの少ないQrino「16C」です。

バッフルは、銅のボルトを使って純正の固定ベースに止めます。

少し上方にオフセットした純正バウント部ですので、音質的には少し有利な部分もありますね。





_DSC0001.jpg 
ドア部の完成です。

ドア防振は、微調整のやり易い、いつもの「オスカー防振」ですね。




_DSC9937.jpg 
純正の内張裏の施工です。

最近買った工具です。
エアー工具ですが、パワフルなので細かなところもしっかりと足付けできるので良い感じです。




_DSC9991.jpg 
足付けの後、液体防振材の「ダイポルギーDP」を使って塗装します。
乾燥後に、「ぺタリオンPP」を活用して共振周波数を下げる加工と、「ウエーブキャンセラー」によるシール作業をして、とりあえずの完成です。





_DSC9854.jpg 
ツイーターは、Aピラーに取り付けますのでピラー加工です。

この時、アルミ含有の盛りパテを大量に使って質量を出すところもポイントです。




_DSC9984.jpg 
表面処理の生地は、純正風を意識して「エクセーヌ」をチョイスします。




_DSC0063.jpg 
ツイーター固定部の完成形です。

純正と違和感のないデザインを心がけています。




_DSC0025.jpg 
ケンウッド「MDV-Z904W]の配線部です。

勿論、音に関する接続は、すべて「銅音接続」ですね。

無酸素銅に特殊な金メッキを施した銅音端子が、通常出る異種金属によるいやなひずみ音を大幅に低減します。




_DSC0031.jpg 
「Z904」のバッテリー直電源です。
銅音シリーズの8ゲージ電源線を使います。
ヒューズも、もちろん銅音ヒューズですよ。



_DSC0061.jpg 
すべての作業が完了して、6時間程度のエージングを行い最終調整です。

オリジナルパッシブの値も決まり、帯域バランスも整いました。
特に、今回の要望として「歌謡曲などのディフォルメされたベース音を気持ちよく鳴らす」ことがミッションにありましたので、新しいことも少し行いつつ調整していますが、非常に良い感じです。

これだと、外部アンプへのシステムアップやサブウーファーの導入が、当分先に延ばされるかもしれませんね~(笑








オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp











関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する