Qrino真空管アンプの音色

_DSC0848.jpg
久しぶりに、火入れをしました。

Qrino真空管パワーアンプの「6L6-Q2」ですよ。


このような高級アンプは、たまに火を入れてあげないと機嫌を損ねることがあるので、定期的に鳴らさないといけません。(笑)




_DSC0851.jpg 
過去には、いろんなブランドの名機がありますが、このアンプもまた弩級のパワーアンプですね。
カーオーディオ界における真空管パワーアンプは、ハイブリッドアンプを除くと数モデルしかありません。

アメリカのミルバート社と日本の「Qrino」ですね。




_DSC0840.jpg 
Qrino「6L6-Q2」は、真空管6L6を4本使うプッシュプルですので、30W×2チャン程度の出力が取れます。

トランジスターアンプのエネルギーでは、90W×2チャンに匹敵するともいわれますね。

アイドリング電流は、11A垂れ流しの「ノン・エコアンプ」です。(笑)
このA級アンプというのはそれ以上の電流は流れないのですが、待機状態でもその電流を流し続けますので、燃費は悪いのですが、こと音質的には非常に有利となります。

ただ1点!

4重苦(大きい・重い・値段が高い・燃費悪い)よりも「音色のみ」に特化したアンプです。

しかも、

2チャンネルアンプなのでマルチシステムは電流的にも難しいので、パッシブでの音作りが要求される難しいカテゴリーと言えるかもしれませんね。(笑)





_DSC0833.jpg 
しかし、この音色はたまりませんよ。

ワイドレンジの高分解能みたいなものとは少し異なりますが、音楽のエッセンスみたいなものが凝縮したような至高の音色が広がります。

聴感上の情報量は非常に良く音場の奥行の深さが深く、ウッドベースなどの中低域楽器の厚みやエネルギーがドンドン気持ち良く打ち出されます。

ボーカルの表情や息つかいが見える感覚。。。

色気や色温度など実在感がたまりません。


今しばらく、店頭でリファレンスに使いますのでお気軽に、聴きに来てくださいね~







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

いいですね~!
ただ、「じゃあ明日行って聴いてみよう」っと気軽にできないのが残念です・・・

新潟支店があればいいなぁ(笑)

2017/02/19 (Sun) 22:06 | 佐久間 #- | URL | 編集
No title

佐久間さん

新潟支店はもう少し。。。
だいぶ先になりそうなので。。。(笑

少し遠いですが、
旅行気分で計画くださいね~

2017/02/20 (Mon) 12:55 | 我楽音 響 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する