レクサスLS460に2DINナビ取付

_DSC4303.jpg
レクサス LS460です。

今回は、マークレビンソン仕様の高級感ある異形パネルを加工して、市販の2DINナビの取付とサウンドチューニングですよ。


以前の作業はこちら



_DSC4307_20170430104808ed9.jpg 
マークレビンソンの純正アンプを使わずに2DINナビの内臓アンプを活用しますので、配線も音作りのための選択できるのが良いですね。



_DSC4320_20170430104810161.jpg 
特殊な加工をして、純正スピーカーでも銅音接続です。



_DSC4558.jpg 
こちらは、ダッシュ上のスコーカーとツイーターです。
こちらも銅音接続と簡易ネットワーク制作です。



_DSC4560.jpg 
純正デッキを逃がす場所を探した結果、スペアータイヤを外して本体を固定するのが最もスマートに、トランクスペースを活用できますね。




_DSC4588.jpg 
電源は直接バッテリーから引き込みます。

緑のスリーブの配線がそうです。




_DSC4540.jpg 
気密性の優れたトランク部へは、配線を通せる穴がないのでルートを作ります。
大胆な配線穴を開けますが、穴あけ、面取り、さび止め、保護カバーと処理をいたしますよ。



_DSC4442.jpg 
デッキの延長配線です。
配線は全て、はんだ付けをして熱収縮チューブをかぶせてしっかり延長します。

これが結構大変な作業なんですね。(笑



_DSC4575.jpg 
純正デッキを固定して配線を済ませます。

これで、純正デッキの機能が使えますので、純正ナビの案内音声も聞くことができます。
また、音はともかく、純正デッキのDVDの再生やHDにため込んだ音楽も聴くことができますね。



_DSC4522.jpg 
配線が終わって、2DINナビを加工取付してからフェースパネルの制作です。



_DSC4597.jpg 
これが制作したフェースパネルです。



_DSC4669.jpg 
完成です。
純正デッキを移設していますので、純正の機能はすべて使えます。
純正のDVDプレーヤーやナビの音声は、センタースピーカー、リアドアスピーカー、サブウーファーから鳴ります。



_DSC4606.jpg 
新しく取り付けた2DINナビの画像も純正モニターに映りますので、ダブル画面で見やすく迫力がありますね。

DVDやTVは、両画面で見ることができますが、ナビは上部のモニターには映りませんので使い方としては、2DINナビのDVDを再生し上部の純正モニターで表示させ、2DINナビ画面でナビをみることもできますので面白いですね。



_DSC4676.jpg 
音質面でも、内臓アンプとは思えないようなパワフルで臨場感のあるサウンドが広がります。

純正スピーカーでも充分に楽しめますが、よりHi-Fiサウンドを求める場合はスピーカーの交換はさらに良い結果が狙えますので、次はスピーカーを狙ってくださいね~(笑

Adagioでは、車がまた楽しくなるカーオーディオを提案できたらと考えていますが
レクサスのオーナーさまも「車を買い替えるか悩んでいたが、これでまた楽しく乗れる」と喜んでいただけましたよ。







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する