ADバンに音色系のステップアップ

_DSC1366.jpg
働く車シリーズの日産 「ADバン」です。
今回の作業は、アナログ方向でのアップグレードですよ。

前回の作業はこちら




_DSC1271_20170504120117cc5.jpg 
ヘッドユニットは、ケンウッドの彩速ナビ「Z702」から「Z904」にアップグレードです。
DSD音源が聴けることが大きなポイントですね。
さらに、電源部の強化としてBAラボ「BE-202」を追加しますよ。
BE-202は、電源部のクリーン化とケーブルのインピーダンスを下げる役目があり後退的要素が少ないのが良いですね。

 


_DSC1258.jpg 
ADバンの助手席下にラックスマンのアンプ「CM-4000」を取り付けます。

もちろん

リアにははみ出しますね。(笑




_DSC1280.jpg
真空管プリアンプの「CA-7」です。

なんと、運転席の座席下の設置です。
ボリュームは、基本的にナビのボリュームを活用して、CA-7のボリュームは音色コントロールと考えます。



_DSC1282.jpg 
RCAケーブルは、アコーステックハーモニーの「SR1」を使いますが。。。
思いのほか曲がらず、ラックからはみ出しです。(笑

しかし、このケーブルは高級感ありますね~



_DSC1349.jpg 
助手席の後部にはみ出したアンプの上部に足置き台を作りました。
見た感じの違和感はほとんどないのですが。。。

ここは、体操座りかな~(笑





_DSC1333_20170504120132ff9.jpg 
パワーアンプのドライブ力が上がると、ドア防振も少し変更して「効率の良い熱変換ドア」からパワーの入るハイパワー仕様に再調整します。

ここも大事なポイントですね。



_DSC1338.jpg 
この車は、タイムアライメントやイコライザーを使用しないで、自然な音色再生を目標にしています。

時間をかけながら、少しずつ進化していくオーディオがまた楽しいですね。

自然に広がる空気感や音場がとても気持良く、快適で寝てしまいそうな音響空間が最大の特徴かもしれません。

気持ちの良いサウンドステージが広がりますね~







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する