フロントドアにダブルウーファー導入

_DSC5606.jpg
働く車シリーズの日産「ADバン」です。

一本気ともいえる職人さん(オーナーさん)のこだわりコンセプトを形にしていますよ。
今回も、ワクワクする面白い試みに挑戦しますので、お楽しみ頂けると思いますよ~(笑


前回までの作業は、こちら




_DSC4907.jpg 
現状のフロントスピーカーは、Qrino AAスピーカー「AA-16S」プラス「AaT-25」の追加ツイーターが取り付けられているのですが、今回「AaW-13」の13㎝ウーファーを追加します。(笑

これにより、フロントに「AA-16」/16㎝セパレートと「AA-13」/13㎝セパレートの2セット分のスピーカーが付く感じですね。


この「面白い発想」を大切に形にしていきますよ。




_DSC5319.jpg 
ドアには、16㎝ウーファーと13㎝ウーファーを取り付けます。

音質的なレイアウトとしては、手前が16㎝で奥に13㎝が良いと思われますので、遠慮なくカットさせていただきますよ。

可能な限り強度を落とさないように、必要最小限を心がけます。




_DSC5333_20170706143134111.jpg 
鉄板をカットした折は、清掃が非常に重要です。

鉄粉が飛散するので、できる限り回収します。




_DSC5341.jpg 
バリ取りをして、さび止めの塗装です。

ここも重要ですね。




_DSC5359.jpg 
こちらが、バッフル面となる「カバ桜合板」のバッフルボードです。

このボードにスピーカーが取りつきますので、
サンディング後に、ヒビキタを使って仕上げます。



_DSC5368.jpg 
ざっくりと必要なパーツを切り出しました。

表面部は、MDFを活用します。




_DSC5397.jpg 
仮付けをして、デザインを造形していきます。

16㎝ウーファーは、ドアをエンクロージャーとしますが、13㎝ウーファーはシールドボックスとして16㎝ウーファーとの干渉を防ぎます。




_DSC5404.jpg
今回使うスピーカーケーブルです。

アコーステックハーモニーの「S1」ですよ。

男のロマン、ロール買いです!!



1ロール(30m)でも、少し足りないかな~ (笑





_DSC5443.jpg 
ベースボードとスピーカーバッフル部の2ピース構造のBOXが完成です。

右側の16㎝部は、インナー側のベースボードに固定されて、室内側のバッフル部とピッタリ接合して、13㎝ウーファー部のエンクロージャを形成する構造です。





_DSC5492.jpg 
ベースボードを取り付けた状態です。

音質に大きく関係する部位は全て、「カバ桜合板」ですよ。




 


_DSC5500.jpg 
ツイーター部もアコハ「S1」のダブル配線です。

S1の音色は評価も高く、配線部がしっかりした硬さで太めのケーブルですので。。。

作業は大変です~(笑




_DSC5588.jpg 
ツイーター部は、前回制作のピラーですね。
上部がツイーターで、下部がスーパーツイーターとなります。




_DSC5539.jpg 
助手席下部には、ラックスマン「CM-4000」とキッカーのチャンネルディバイザーが並びます。

豪華絢爛ですが、椅子を外さないと見えません。(笑





_DSC5524.jpg 
こちらは、運転席の下です。

Qrino真空管プリアンプ「CA-7」とLCRネットワークですよ。




_DSC5545.jpg 
ドアダブルウーファーの完成です。

迫力ありますね~





_DSC5576.jpg 
保護カバーもあります。

重量感と高級感のあるブラック サランネット仕上げです。




_DSC5602.jpg 
ヘッドユニットは、ケンウッドの彩速ナビ「Z904」ですが原則ノーイコライザー、ノーアライメントを基本とした、アコーステックチューニングでサウンドを構築します。

フロントステージに、13㎝セパレートと16㎝セパレートを2組使って、フロント4ウエーシステムをパッシブで音作りです。

なかなか真似のできないシステム構成ですが。。。
取付ができない事もないかもしれない、新しい発想が作り上げるNEWコンセプトシステムだと思います。

音質的には、今後ドンドンエージングと共に、まりが出てくると想像できますが、最初の調整としては予想外によくまとまっていると思います~(笑

エージングが落ち着いたころ、再度パッシブの調整でクオリティーを高める計画ですよ。



しかし

各ユニットの良い部分をかけ合わせるサウンドチューニングは、ワクワク感が止まりませんね~








オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する