サウンド調整 ~bB編~

_DSC9259.jpg
トヨタ「bB」のサウンドクオリティーを見直す作業です。

現状のオーディオシステムは、自作で作業をされていて一通り構築してますので、そのシステムをベースとして調整させていただきますよ。

狙いは、中高域の抜けと再生レンジの拡大そして、魅力的な音色です。




_DSC6547.jpg 
まずは、作り物です。
フロントドアバッフルは、MDFで制作されたもので経年による膨らみやカビがありましたので作り直します。
カバ桜合板」を素材として、丁寧に作ります。

この、丁寧というのが案外重要なんですよ。
わたしは、絶対的に必要な事として、「左右の音色が揃うこと」が重要だと考えています。

そのためには、意外に深い思考が必要なんですよ~




_DSC6570.jpg 
ヒビキタ」塗布現場です。

カバ桜合板は、水に強いので特に水対策を必要としない素材ですが、「ヒビキタ」を塗布すると、木密度の調整以外に「カビが生えにくい」ということがあります。

ヒビキタは、国産の天然素材から抽出した「ヒノキチオール」と言うヒノキの成分が含まれるためカビの発生を長期に渡り抑止できます。

両方のバッフルに同時に同じ量のカビが発生するのであればまだ良いのですが、どうしても左右で異なるカビが発生すると、左右の音色に大きなダメージを与えるので、カビ対策は重要なんですね。





_DSC9219.jpg 
現状の音色が少し暗く躍動感が無い為、ヘッドユニットの電源部に「BE-202」を導入します。

アゼストのDAコンバーターの近くにBE-202を設置します。

ケーブルも見直して、試作ケーブルの10Gをベースに配線します。



_DSC9218.jpg 
もちろん端子類は、すべて「銅音端子」を採用です。

これにより、余分な成分や異種金属歪が最低限に抑えられ、システムが本来持っている音色が素直に出て来ますので、音色調整の本丸はその後に行うものと考えています。


 


_DSC6623.jpg 
ドア内張りです。

ガタ付きやビビりが多く補強が必要ですので、ホットボンドでコーキング処理をします。




_DSC6626.jpg 
内張り裏側に足付け作業を終わらせて、ダイポルギー「DP-211」を塗布した状態です。

この状態で、ようやく次のステップに進めます。
Adagioでは、ここまでの作業は必須作業となっていますね。

ここから、目的に合わせて制振材を貼ってチューニングとなります。




_DSC6643.jpg
ささいなこだわりですが。。。

ビス1本にもこだわります。

画像の上部に映っているのが、現在取りついていたバッフル固定用のビスです。
Adagioで使用するビスは、下部のビスなんですが素材が「真鍮製の黒仕上げ」ボルトです。

これにより、錆びずに音色も粘りのある太い中低域が狙えます。

ドア内に錆びが出ると、ビスを伝わって水が錆びを流しドア内で広がる恐れがありますので
可能な限り、水と振れるところは鉄素材のビスは使いたくないですね。




_DSC6648.jpg
ドア防振のイメージ図です。

ドアチューニングの場合、1度では決まらないので数回の微調整をプログラム化しています。



_DSC6661.jpg 
スピーカーにも「銅音接続」施します。



_DSC6713.jpg 
バッテリー部も完全「銅音化」アカガネカです。

バッテリーターミナル、ヒューズホルダー、各端子類などです。




_DSC6701.jpg 
数回のドア内張り取り外し調整を経て完成です。

今回のメインスピーカーは、カーオーディオでは非常に珍しい13㎝フルレンジユニットです。

この場合、ボア防振におけるウエイトが非常に高い為、防振による調整は非常に有効ですね。
サウンドステージも高く上がり、中低域の濁りの低減が、高音域の抜けに直結しているような印象です。

フルレンジユニットの場合、低域を改善すればすべてが良くなる感じですね。

作業前のミッションはクリアーしたように思いますよ~


少し、マニアックなサウンドシステムですが音色は非常に魅力的なものとなりました!



これだから、オーディオは楽しいですね~(笑







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する