日帰り防振~レガシーアウトバック

_DSC2404A_R.jpg
スバルのSUV、レガシーアウトバックです。

オプションのパイオニア楽ナビ+純正スピーカーのシステムに、Adagioの「日帰り防振」をさせて頂きますので、その作業内容を少し紹介しますね。





_DSC2410A_R.jpg 
フロントドア内張りを外した状態です。

純正のスピーカーが付いていますね。
6×9インチベースの樹脂型に16㎝の丸型のスピーカーが印象的です。




_DSC2426A_R.jpg 
純正のビニールシートを取り外して、ブチルや油分を綺麗に清掃します。

この作業を手抜きすると後々いろんな問題が出てきますので、清掃と言えども重要項目ですよ。





_DSC2452A_R.jpg 
ドア内をスピーカーエンクロージャーに見立てて強度を調整していきます。

制振材は、適材適所に適量を使います。

貼りすぎると、良い面と悪い面が顕著に出てきますので、あくまで目的に合わせて使い分けますよ。

ヒントとしては。。。
ドア内に整体系を創り上げるイメージです。

わざと強いところを作り、振動を早く伝え、弱いところを作り効率よく振動を集めて、熱に変換する仕組みを作ります。

少し専門的な表現ですいません~(笑




_DSC2455A_R.jpg 

この素材をこの場所に使う意味は大きく3つあります。

1つは、遮音特性の向上です。
鉄板の分割共振もドア外からのタイヤノイズや風切りノイズなどの雑音を大幅に低減します。

2つ目は、水対策です。
純正のビニールシートの代わりとなりますので、ドア内張り内に水が浸入しないようにガードできます。

3つ目は、サウンド調整です。
これにより、サービスホールを潰すも空けるも音次第となりますので、調整幅が大幅に向上します。

この防振作業で、フロントフルレンジ再生でも中高音域がひずまないように調整することが可能となります。




_DSC2412A_R.jpg 
純正状態の内張りです。

最近の来る葉の特徴でもありますが、多くのピースをメルトでとめて成形されています。
これは、高級感のある内装のための進化なのですが、音質的には困りものなんですね~

また、この白い吸音材「シンサレート」なのですが。。。
これをこんなに使ったら音は死んでしまいます。




_DSC2421A_R.jpg 
そこで、まずはシンサレートを外して、内張り全体に足付け作業を行います。

この作業は、下地作りですので真面目にするほど、均等に多くの制振塗料を長期に渡り割れずに付けれますので、清掃と同じく手抜きのできない重要な項目です。





_DSC2425A_R.jpg 
足付け後、ダイポルギーの液体塗料「ODP-211」を塗布します。

この塗料は、700系の新幹線のパンタグラム周辺に採用されたハイテク液体制振材です。




_DSC2457A_R.jpg 
ODP-211」の乾燥後に、防振マットを貼ります。

ペタリ音で、ポイント抑えをする場合と、この車のように強度が弱い場合とでは少し目的を考え使い分けをします。

今回は、主に補強と質量増加による制振を狙います。




_DSC2433A_R.jpg 
さらに、純正スピーカーを少し調整します。

まずは、低域が素直に出るように開発した、非売品の「VFE素材」をシール材とします。

純正は、エプトシーラーを使用していますが水対策以外の効果は無いものと思います。





_DSC2440A_R.jpg 
コーン紙を重くせずに強度を上げる特殊塗料を塗布します。

歪んだ音も、自然界の音色になるように開発した、現在まだ非売品の特殊塗料です。




_DSC2444A_R.jpg 
さらに、マグネット部に少し工夫をいたします。

チューニングアンカーを試します。

この純正スピーカーは、以前に実験済みですので外周と内周の両方を活用します。

これの効果は、中低域の歯切れが良く中高域も歪感が低減します。




_DSC2474A_R.jpg 
他にももう少し工夫がありますが、完成です。


外観は全く変わりませんが、お客様も10秒も聴かず音色の変化を感じ取っておられました。

純正の音と比較するとレンジ感が全く異なりワイドになります。
パノラマ的な音場も広く奥行を楽しめるようになります。

何より、よく言われるのは「ドアウーファーを防振してなぜこんなに高温が綺麗になるんですか?」と言う質問が多くいただきます。

ウーファーとツイーターは高次でクロスしていますので、ドアウーファーの低域が改善されてレスポンスが良くなると、同時にウーファーから出る高い音も歪が減るのですよと、お応えさせて頂いております。


純正スピーカーでもまず手始めにカーオーディオを良くしたいとお考えの皆様にご提案させていただいておりますAdagioの「日帰り防振」ですので、お気軽に問合せくださいね。









オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する