NEWサイバーナビ「CZ-901」聴けますよ

_DSC3501-1_R.jpg
パイオニアから発表になった、待望の新製品「AVIC-CZ901」が店舗で聴けますよ。

通電してから1週間が過ぎますので、そこそこエージングもできた音質で聴けると思います。




_DSC3488-1_R.jpg 
比較試聴が可能なのは、ケンウッドの彩速ナビ「Z904」と三菱のサウンドナビ「MZ-100プレミ」です。

外部アンプに、Qrinoエコアンプ「PA-7」をつないだ状態で比較試聴ができるようにしていますので、まさにオーディオ回路のみのガチンコ比較です。

さらに、Qrinoスピーカーの相性も同時にたのしめますよ。




_DSC3799-1_R.jpg 
今回発売となる、パイオニアのサイバーナビ「CZ901」の特徴を少し紹介しますね。

●ハイレゾが聴けます。
24Bit 96KHz、24Bit 192KHzそれに、DSDも再生できます。
プロセッサーの内部処理は、32Bit 96KHzですので、24Bit 192KHzのハイレゾは少しダウンコンバートしますね。
DSDは、PCM変換され同じく32Bit 96KHzで処理されるものと思われます。
な~んだ!ネイティブではないのかと思われたかもいるかもしれませんが、現在ケンウッドのZ904が24Bit 192KHzのハイレゾまでダイレクトに再生できますが、それに引けを取らない最高レベルのスペックだと思いますよ。

●DSPプロセッサーの内部処理が、52Bitのトリプルコアです。
これに伴い、演算速度が速くなりより多くの情報を瞬時に処理できます。
それで、タイムアライメントの最小調整単位が3.5mmまで細かくなっています。
これは、単体プロセッサーと変わらないハイスペックですね。
0.5dBステップの左右独立31バンドイコライザーなんか付いています。

●動画再生において、SDカードもUSBでも「MP4」が再生可能です。
しかも再生可能サイズは、フルHDの「1920×1080」ピクセルですので素晴らしいですね。

●リモコン付き
ブルーツース方式のリモコンが付いています。
これは、他のナビにはない便利なとこですね。

残念なところも少しあります。
USBやSDカードに入った楽曲を再生するときに、非圧縮「WAVファイル」の場合はどうやってもアートワークが表示できませんでした。
これは、残念!!
私の知る限りでは、ケンウッドの彩速ナビのみが努力すれば表示可能です。

次回の改善を期待したいですね。




_DSC3802-1_R.jpg 
WAVファイルのアートワークが表示できないので、ファイル形式を「FLAC」にするといろんな意味で問題は解決します。
また、アップコンバートやDSD変換なんかもありですね。

上図は、通常のCD音源を「DSD」変換してタグ情報にアートワークを入れています。
これだと、なんとジャケット写真がサルネイルされて表示します。

これは、魅力的~

しかし、手持ちのファイルをすべて変換する気にはなれませんね。

あっ
この時のアートワークのサイズは「600×600」ピクセル以下でないと表示しないのでそれ以下でタグ付けしてくださいね。




_DSC3785-1_R.jpg 
不満点も少し漏らしましたが、音質的にも魅力的な3機種が比較試聴できますので是非聴きに来てくださいね。

ナビヘッドと馬鹿にせず聴いてみて下さい。

カーオーディオの未来を少し感じ取れると思いますよ~(笑







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する