FC2ブログ

レボーグにQrinoAAスピーカー取付

_DSC0744_R_20170929190138647.jpg 
スバル「レボーグ」です。

Adagioお勧めの「Qrinoサウンドシステム」を取りつけますよ。




_DSC1116_R.jpg 
各種クリーナーを駆使して、ドアの清掃です。

板金塗装でもガラスコーティングなどでも同じですが、下処理が非常に重要ですね。

なによりも、作業するわたしが気持ちよく作業に入れます。(笑





_DSC1117_R.jpg 
スピーカーケーブルは、アコーステックハーモニー「A1」です。

赤色が存在感ありますね。
A1の特徴は、タイトなレスポンスとワイドレンジが魅力的です。




_DSC1110_R.jpg 
ドアウーファー用のバッフルボードの制作です。

カバ桜合板の張り合わせです。
シッカリと圧力をかけて、プレス接着します。

また、タイトボンドは、乾くと固くなるボンドなので音質的に悪さしないのが良いですね。




_DSC1140_R.jpg 
スピーカーは、QrinoAAスピーカーですが、ツイーターはAピラーに加工取付です。
盛りパテは、アルミパテを使います。





_DSC1123_R.jpg 
ヒビキタ塗料を塗布します。

ヒビキタは、木密度を上げて水対策、カビ対策ができますので、長期に渡り安定した音質が持続します。





_DSC1178_R.jpg 
ツイーターベースにも、ヒビキタ塗布です。





_DSC1231_R.jpg 
Aピラーの加工の完成です。

ツイーターの位置や角度は、音場に直接影響する非常に重要なポイントですね。
また、ツイーターベースの固定強度も音質に影響するのでマウントの作り方も大事ですよ。





_DSC1165_R.jpg 
ドアバッフルの完成です。

地味に美しいですね~(笑





_DSC1246_R.jpg 
これは、OBM-2と言う制振材です。

今回は、ドア内張りの片側にこの量を使います。

OBMは、質量があって振動を熱変換する制振材ですので、ドア内張りに非常に効果があります。





_DSC1247_R.jpg 
こんな感じです。

弱い内張りを強くする場合に使う手法の1つです。

下地に、ODP-211を使いますよ~






_DSC1228_R.jpg 
RCAケーブルは、Qrino「CLS」です。
シールド部を取り出せるので、「帯電防止アンテナ」を使いノンメンテ帯電防止を狙います。





_DSC1345_R.jpg 
AAスピーカーのパッシブネットワークのたたき台です。

バイアンプ・バイワイヤリングパッシブですね。

ここから、微調整を進めます。





_DSC1350_R.jpg 
レボーグの電動シートタイプの座席下は、案外狭いのです。

このサイズが、ぎりですね。

パワーアンプは、ドイツのESXです。
プロセッサーも付いていてお勧めです。

「XE6440-DSP」
6チャンネルパワーアンプ
40W×4 
70W×2
8チャンネルDSPプロセッサー
シーラスロジックの32Bit192kHzDSP
\75.000円+税





_DSC1169_R.jpg 
今回は、サブウーファーがありませんのでフロント13㎝ウーファーでも充分な低域が確保できるようにいろいろ細工します。





_DSC1422_R.jpg 
これも1つの手法です。

Qrinoスピーカー専用のスペシャルですよ。




_DSC1361_R.jpg 
銅音接続は、すべてのオーディオ部に活用します。





_DSC1358_R.jpg 
バッ直は、銅音の4Gです。

シッカリと圧着しますが、この圧着でも音色が変わるので面白いですね。




_DSC1382_R.jpg 
バッテリーも交換です。

オプティマ レッド「1050S」です。
このバッテリーは、現在でも最高級レベルのスペックですね。
CCA 815
クランキング性能 12000回
など、シールド構造も考えると、ハイブリッド、アイドリングストップ車にも安心して交換できますね。

もちろん音質的にも、お勧めですよ。





_DSC1394_R.jpg
Aピラーのツイーターマウント完成図です。

純正風の仕上げを意識しています。




_DSC1389_R.jpg 
ヘッドは、マルチメディア対応力に優れて自然な音色が特徴の彩速ナビ「Z904」です。

音出し後、パッシブの微調整を行い最終工程で、DSP調整に移ります。
パッシブとDSPの融合です。

面白いですね。
マルチよりもパッシブの方が細かな調整ができることがありますので、特定の条件下ではお勧めしていますよ。

音質的には、やりすぎて低域が出すぎたので絞りながら帯域バランスをまとめていきます。(笑
最終的には、音場は広く深くバランスの整った音質に仕上がりました。


レボーグは、車の特性もあり良い音色に仕上がりますね~







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する