FC2ブログ

純正ナビをESXアンプで、サブウーファーを鳴らす

_DSC9116-25_R.jpg
ホンダ「ベゼル」です。
「ヴェゼル」が正しいのかもしれませんね。

前回は、純正ナビを活用してQrinoスピーカーを取り付けましたが
今回は、純正ナビを活用して、アンプとサブウーファーを追加するステップアップです。

ドイツのESX社の新製品「XE6440-DSP」のアンプ内蔵プロセッサーで、Qrinoスピーカー「AA-13」+「AaW25」をドライブしますよ。


前回までの作業は、こちら





_DSC8958-1_R.jpg 
まずは、サブウーファーBOXの制作です。
Qrino「AaW-25」サブウーファーを使いヴェゼルのトランクに設置します。

BOXは、シールドエンクロージャーで、補強を多用しながら内容積は、23Lを確保します。




_DSC8970-3_R.jpg 
内部は、エアー漏れの内容に確実に直角を出しながら、強力クランプをかけてタウトボンドを完全乾燥させます。
その後、内部に「ダイポルギーDP-201」を塗布します。

DP-201を塗布することで、気密性の向上と防振効果が期待できますので重要な項目なんですよ。





_DSC8992-7_R.jpg 
スピーカーケーブルは、Qrino「16CB」です。

密かに試作品を試させていただきます。(笑

「16C」のブラックバージョンで、無酸素銅の芯線を16Cよりも太く硬くして本数を減らしています。

切れのあるサウンドが魅力的な男のブラックですよ~





_DSC8999-9_R.jpg 
ドア配線です。

スピーカーは、Qrino「AaW-13」です。




_DSC8997-8_R.jpg 
ドア防振も少し見直します。



_DSC9005-12_R.jpg 
ドアの施工完了です。
見た感じはあまり変わりませんね。(笑



_DSC9011-14_R.jpg 
ツイーターは、Aピラーですが、ここも「16CB」の男のブラック&銅音接続です。




_DSC8986-6_R.jpg 
今回のシステムアップの心臓部です。

ESX「XE6440-DSP」
6チャンネル・パワーアンプ&8チャンネルDSPプロセッサー
40W×4 70W×2

3Bit192Khzまでのハイレゾ再生が可能です。

価格は、¥75.000円+税と非常にリーズナブルです。

本体価格が、安い分音質調整に費用が掛けれますね。
銅音端子にすべて変更しますよ。

純正ナビのスピーカー出力をESXのアンプに入力します。
俗にいう、「Hi-Lo変換」でアンプ入力をします。




_DSC9023-16_R.jpg 
アンプ本体は、助手席下です。

小型アンプは、この位置が最も有効ですね。



_DSC9058-18_R.jpg 
電源ケーブルは、もちろんバッテリー直電源です。

銅音シリーズの8ゲージ緑&黒です。

銅音シリーズの電源ケーブルは、誇張しない自然な音質が魅力ですね。




_DSC8977-4_R.jpg 
バッテリー直電源の場合は、バッテリー部に保護ヒューズが必要です。
できれば、より近くが良いのですが、IASCでは50㎝以内と言っていました。

そして、ヒューズは、
銅音メガヒューズ」がブレード部が銅素材なので、通常の真鍮素材と比べて異種金属歪が出にくく素直な音色なのでおすすめですよ。




_DSC9042-17_R.jpg 
生地を貼ってサブウーファーボックスが完成です。

ここでも端子は、銅素材にこだわります。




_DSC9121-26_R.jpg 
ウーファーボックスは、時折大きな荷物を積むときに脱着が必要な時があるようですので、自由度の高い固定を心がけます。




_DSC9131-28_R.jpg 
取付と微調整を行い、最終工程のPCを使ったデジタル調整です。

今回は、ESXの内臓アンプを活用したフロント2ウエー+サブウーファーのマルチシステムですが調整ディバイスが非常に細かにので調整がしやすくて助かります。

クロスオーバーの周波数調整は1Hz単位調整できないとなかなか決まりませんので、この「ESXのDSP」や「キッカーのIQアンプ」などは、細かな調整に加えてPCソフトも優秀ですので快適です。

Adagioのコンセプトは、DSPやタイムアライメントを活用しても可能な限り助手席の音色も大切にします。


ざっくり調整を決めてから、3~5時間はエージングをして微調整にて追い込みます。

私は、MBQURTを輸入していた関係もありドイツのクラフツマンの音色が好きなのかもしれません。。。

少しマッチョ目の低域に、自然な中高音が気持ちよく響きます。
ステージも不自然さが出ないような音場が広がり、良いと思うところのゾーンが広いのが特徴です。

改めて、このアンプの可能性に感心しますね~

低コストで、ハイクオリティーなので、お勧めですよ!






オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する