FC2ブログ

WRX S4を静かにする

_DSC1862_R_20171122193332ed8.jpg
スバル「WRX S4」です。

以前にHi-Fiオーディオを取り付けた車なのですが、車の外来ノイズが気になるためオーディオに集中できないとの事ですので、S4を静かにする「遮音処理」をさせて頂きます。

前回までの作業は、こちら




_DSC1664_R.jpg 
まずは、ルーフ(天井)の作業です。

この個所は、予想外に重要ですのでお勧めですよ。

作業的にもまず、天井からスタートしていきます。

出来れば、アイサイトなどのセンサーカプラーを抜きたくないのでルーフを完全には外さずに安全策を講じます。




_DSC1671_R.jpg 
まずは、防振処理です。

ダイポルギー「FDC25」を活用して、ルーフ全体の強度の向上と鳴き止めを行います。



_DSC1681_R.jpg 
次に、ダイポルギー「EVA吸音フォーム」の業務用15mmを貼り詰めます。

この作業は、吸音&遮音処理となります。



_DSC1613_R.jpg 
トランクルームです。

以前の作業では、ケーブルを引く部分のみにノイズレスマットを敷いていましたが今回は、前面に行います。

ここでも、鉄板部には「FDC-25」を使い防振します。



_DSC1655_R.jpg 
ノイズレスマットを隙間なく敷き詰めます。



_DSC1749_R.jpg 
各内張りの裏面のスペースには、ダイポルギー「EVA吸音フォーム」です。

この時、厚みをつけると低い周波数も吸音しますので部分的に重ねることも有効です。



_DSC1738_R.jpg 
フローも可能な限り処理を行います。

リアの後部座席ですね。



_DSC1723_R_201711221933245bb.jpg 
もちろん運転席もシート下も同様の処理を行います。



_DSC1709_R_20171122193727f46.jpg 
助手席側です。

こちらも同様ですが、オーディオの配線は、ノイズレスマットの上に配線していきます。
これにより、鉄板部の振動や熱の影響を受けにくくなるので安定した音色が実現できます。




_DSC1839_R.jpg 
全ての遮音処理を行った車内は、同じサウンドでもSN感に富みます。

つまり、ボリュームを上げなくてもオーディオの音色がよりリアルに聴き取れます。

静に広がるダイナミックレンジは、音の立ち上がりや粒立ちに大きな影響を与えますので、この遮音処理だけでも非常に高級感のあるサウンドが実現しますね。

また、走行中も疲れが低減してオーディオに集中できる環境となるため、よりドライブが快適に楽しくなると思います。


お勧めの「静カー」処理ですのでお気軽に問合せくださいね~







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

ここまでやるととても静かになるでしょうね~!

2017/11/26 (Sun) 23:10 | 佐久間 #- | URL | 編集
佐久間さん

そうですね。
遮音処理は、適材適所に部材を使いながら車全体の振動の逃げを考慮しながら補強すると、ノイズに方向性が産まれるのでデーター以上に疲れない落ち着いてオーディオを聴ける環境ができますので、できればここまでお勧めしたいですね~

2017/11/26 (Sun) 23:56 | 我楽音 響 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する