FC2ブログ

フォレスターにキッカーIQアンプ導入

_DSC7408_R.jpg
スバルのフォレスターSTIです。

今回は、ボリュームを上げてもへこたれないHi-fiサウンドを目指してバージョンアップしますよ。


前回までの作業は、こちら



_DSC6728_R.jpg 
恒例の保護シートを貼るために洗車をさせていただきます。

ブルーの車体に泡洗車の白い泡が映えるので、洗車が楽しいボディーカラーですね。(笑




_DSC6767_R.jpg 
今回のメインは、パワーアンプの交換です。

KICKERの「Q CLASS」
■IQ-500.4 (4チャンネルパワーアンプ)
■IQ-500.1 (モノラルパワーアンプ)
■IQI    (調整用のBluetoothユニット)

これらのユニットを活用して、ユーザーが自身でもiPadで調整ができるようにします。



_DSC6800_R_201711281258308b2.jpg 
コンソールに、コントロールユニットを取り付けました。



_DSC6814_R.jpg 
これが、IQIのBluetoothユニットです。

これがあることで、アンプに内蔵のDSPをiPhoneやiPadでアプリを使い手軽にコントロールできます。

オーナーさまが自身で調整をされたい方には、非常におすすめのシステムですよ。




_DSC6807_R.jpg 
こちらは、IQ-500.1のサブウーファードライブ用のアンプに付属するリモートコントローラーです。

IQIを使うよりもさらに手軽に、サブウーファーのボリュームコントロールが可能となりますので、曲やジャンルに合わせて微調整ができますね。




_DSC6827_R.jpg 
助手席の下にIQ-500.4を設置です。

BAラボの「BE-101」を使い音色をコントロールしています。

さらに、現在は生産終了の「チタニューム」サブバッテリーもございますね。




_DSC6824_R.jpg 
こちらは、運転席側のIQ-500.1です。

こちらも、BAラボ「BE-101」導入です。



_DSC6818_R.jpg 
サブウーファーは、Qrino「ベリリューム」20cmウーファーがダブルです。

カバ桜合板を使い「ヒビキタ/フィニッシュ」を施した、ひびきの良いシールドエンクロージャーです。



_DSC6803_R.jpg 
完成したサウンドは、実にパワフルにエネルギッシュにボーカルが歌います。

QrinoBeサブを軽々と鳴らし切る駆動力の高さは絶品で、フロントに撃ち鳴らされるバスドラの力感は強烈です。


このサウンドを聴いていると、音創りの要のパワーアンプとDSPが同居するIQシリーズのポテンシャルの高さに、未来のカーオーディオの流れを感じずにはいられませんね。








オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する