FC2ブログ

キャラバンの電源強化

_DSC0206_R_20171222171028a12.jpg
日産のNV350キャラバンです。
今回は、サウンドの質的向上を目指して、電源部を中心に強化しますよ。

前回までの作業は、こちら



_DSC6477_R.jpg 
助手席下側のメインバッテリーを「オプティマ レッド」に交換です。

マイナス部は、電流センサーがありますので「ブランチ接続」にて確実に配線します。

マイナスセンサーと端子間に配線しているケーブルは、帯電防止アンテナの配線です。



_DSC6485_R.jpg 
サードシート部のサブウーファー設置スペースの隙間に、同じくオプティマのレッドを設置して「ツインバッテリー」を完成させます。

ツインバッテリーは、バッテリーの容量はツインなので2倍ですが、インピーダンス(交流抵抗)は、半分になりますので非常に有効ですね。

また、アンプの近くにサブ側のバッテリーが来るためケーブルも短くなり、線間インピーダンスも下がります。

スペースさえあれば、おすすめの「ツインバッテリー」ですよ。





_DSC0161_R.jpg 
珍しく、アクリルワークです。(笑

通常でも危険なことは無いのですが、保護がほしいとの要望に答えますよ。




_DSC0216_R.jpg 
こんな感じで、保護をしました。

ヘッドユニット用にBAラボの「BE-101」を採用です。
「BE-202」と比較すると、少し太めの音色になり音楽のちから強さやエネルギー感が出やすくなりますので、こちらもスペースが有る場合はおすすめですよ~




_DSC0210_R.jpg 
電源強化をテーマに、ステップアップしましたが非常に良い感触です。

「ツインバッテリー」と「ヘッドキャパ」ですが、それぞれの優位性が見事にサウンドに反映された感じです。
ツインバッテリーで、ハイレスポンスで切れのある分解能の高いサウンドが実現して、ヘッドキャパに「BE-101」を採用することで、それらの音粒が重く力強く表現されるような感じです。

電源部は、さほどエージングに時間がかかりませんが、後退的な要素がほとんど感じないシステムアップになったのではないかと思います。


電源部の強化はお勧めですね~






オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さいね。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく立ち寄ってくださいね~



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する