FC2ブログ

アコーステックハーモニーのGシリーズにグレードアップ

_DSC7408_R_20180421163054a44.jpg
スバル「フォレスターSTI」です。

2.5リッター水平対向の6速ターボを強化した特別仕様車ですね。
今回、オーディオもさらなる高みを目指してグレードアップです。

前回までの作業は、こちら




_DSC7443_R_20180421163056cad.jpg 
ケーブル関係を見直します。

アコーステックハーモニーの「Gシリーズ」ですね。
スピーカーケーブルもRCAもGシリーズにグレードアップです。




_DSC7453_R_2018042116305662e.jpg 
ケーブルの引き直しは取付に匹敵する部位をバラす必要があります。

この車は、以前にフル遮音処理をしていますので、ノイズレスマットがフロアーに敷き詰められていますので、ケーブルが直接鉄板の上に配線することが無く、非常に良い環境でワイヤリングをすることができます。





_DSC7485_R_20180421163059f1b.jpg 
助手席下のパワーアンプ部です。

キッカーの「IQアンプ」とBAラボの「BE-101」は非常に相性が良いと思います。
IQ500.4の4チャンネルアンプで、Qrinoベリリュームスピーカー「BeT-25」「BeW-13」をマルチ駆動です。




_DSC7472_R_20180421163058ee0.jpg
運転席の下部です。

同じくキッカーの「500.1」と「BE-101」の組み合わせで、Qrino「BeW-20」をドライブします。




_DSC7523_R_20180421163101cf9.jpg 
こちらが、サブウーファー部です。
スペアータイヤのスペースを活用して、ベリリューム20cmウーファー「BeW-20」を2発カバ桜合板のシールドエンクロージャーでドライブです。




_DSC6800_R_201804211631040b0.jpg 
コンソールには、IQIのBluetoothユニットを設置して、iPadでいつでも手軽に音質調整ができるようになっています。



_DSC7567_R_20180421163102263.jpg 
ヘッドユニットは、ケンウッドの「Z904」で、DSD音源を含むハイレゾ再生が可能な高音質ナビヘッドですね。

今回の高級ケーブルの変更により、全帯域の再生レンジが大幅に拡大し、分解能や粒立ちなどの音楽情報量も格段に向上しました。
音場の奥行き感や空気感もより広い空間が広がります。

サウンドシステムがある程度固まってくると、満足して音楽を楽しめるようになりますが、そんなおりケーブルのグレードアップを行うと最初にシステムを構築したようなワクワク感が蘇ってきて楽しいですね。

全く異なるシステムのごとく音楽が躍動してくれますのでオススメですよ。





オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp










関連記事
スポンサーサイト

コメント

ひやあ〜!オールGシリーズですか!
参りました〜(^^;)
引き直し作業も大変そうですが、音も素晴らしいでしょうね!

2018/04/22 (Sun) 01:35 | 佐久間 #- | URL | 編集
我楽音 響

そうですね。
システムがまとまってくると、次のステップに迷いが出ますが電源ケーブルを含むケーブルの見直しは効果が高いですね。
現在のサウンドを壊さずに、グレードアップが楽しめます。
アコーステックハーモニーの「Gシリーズ」は、問答無用に良い効果が期待できますね~(笑

2018/04/23 (Mon) 13:19 | 我楽音 響 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する