ミラにQrinoサウンド導入

_DSC7962_R.jpg 
ダイハツのミラカスタムです。

前回、車を静かにする遮音作業とサウンドのシステムアップをされましたが、「ここまで来るとさらに欲が出た」と再度オーディオのグレードアップをさせて頂く運びとなりました。

前回までの作業は、こちら



_DSC8000_R.jpg 
今回のテーマは、デモカープリウスの音色にせまる「Qrinoサウンド」の実現です。

スピーカーは、Qrino「AA-13NN」を使いワイドレンジを狙います。



_DSC8004_R.jpg 
軽自動車の場合は、どうしてもインナーバッフルが大きく取れませんので「ヒビキタ」による木密度調整をでコントロールします。



_DSC8005_R.jpg
完成したバッフルとAaW-13ウーファーですね。
手前にある、真鍮のオリジナルボルトで固定します。



_DSC8011_R.jpg 
スピーカーケーブルは、前回より採用のQrino「16CB」です。

「16C」と比較するとこのブラックタイプは、1本1本の芯線が太く硬いのが特徴で、音色も心が出てエネルギッシュに鳴ります。

また、面積の小さなバッフルを上手く鳴かすための細工をいろいろします。



_DSC8015_R.jpg 
ドア調整は、オスカー防振ですが、Qrinoトーン用に微調整を施します。

 


_DSC8039_R.jpg 
パワーアンプは、ESX社の「6440-DSP」ですが、今回BAラボの「BE-101」を追加して音色をコントロールします。



_DSC8078_R.jpg 
ツイーター部の完成です。

Aピラーの加工でのポイントは、ツイーターの位置や角度出しと同様に強度が重要です。
アルミファイバーパテでしっかりとベースを作ること、歪の少ない安定感のある高域が狙えます。




_DSC8082_R.jpg 
ミラのような比較的室内が狭く、右側のツイーター位置が近い場合などは、付属のパッキンで広がりをコントロールすることができます。

このあたりも、Qrino製品のこだわりの深さを感じますね。




_DSC8089_R.jpg 
全ての接続端子は、「銅音」アカガネでフィニッシュします。

アカガネ端子は、無酸素銅に特殊金メッキを施した音響用部材で、オーディオ用の銅線との相性が抜群ですので音楽性がより豊かになります。



_DSC8029_R.jpg
バッテリーも見直しです。
オプティマバッテリー「レッド」を採用して、バッテリーターミナルもバッ直ケーブル、ヒューズも銅音(アカガネ)ですね。



_DSC8093_R.jpg 
ナビは、パイオニアのサイバー「CW901」ですが、こちらもバッ直とヘッドキャパBAラボ「BE-202」を活用します。



_DSC8126_R.jpg 
助手席下側にインストールした、アンプとBE-101です。



_DSC8120_R.jpg 
そして、センターコンソール部のスペースに台座を作成して、Qrino「BA-7」導入です。
隠すこともできたのですが、真空管の光が見えたほうが良いのだそ合うです。(笑

真空管テイストなサウンドは、デジタルな音源に非常にマッチしますね。




 
_DSC8115_R.jpg 
最終の調整をして完成です。



_DSC8128_R.jpg
狙いの「Qrinoサウンド」を実現するサウンドシステムの取付が終了しました。

帯域バランスが整った自然で気持ちの良い音色が広がります。
真空管のあるシステムでは、ディストーションも音色になるような感じさえします。

音楽の躍動感や旋律が車いっぱいに広がりながら耳が痛くなるような刺激音はありません。

Qrinoスピーカーは、振動板素材にアルミを使いアルマイト処理を活用して厚みを調整し各ユニットの音色をあわせています。
ハード系(金属)のスピーカーは、「うるさい」と誤解されている方も居ますがそんなことはありません。スピーカーの素材は、そのメーカーの音色を決定付ける要素でしかありませんので、聴いて確認してくださいね。

このスピーカーのポテンシャルは、ツイーターとウーファーの取り付け位置が離れたりお互いの角度が変わっても音色が統一しツイーターにシンクロするところに最大の魅力があると思います。

Adagioのお勧めメインスピーカーです。

このスピーカーを鳴らし切るための各部ユニットやケーブルや端子に至るまでこだわるとメーカーデモカーに近づく音色が実現します。

今回のように、一気に駆け上るのも良いのですが、1歩1歩完成形に近づくようなステップアップこそが、オーディオ道の面白味がより濃ゆいのかも知れませんね。





オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp










関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

この間車外から少し聴きましたがいい音出てましたね♪
これ程触ってるなら納得。

2018/05/12 (Sat) 04:36 | 絵谷 #- | URL | 編集
我楽音 響

ドア防振の良し悪しは、車の外で聴くとよく分かる時がありますね。
少しマニアックな聴き方ですが。。。(笑

2018/05/12 (Sat) 22:21 | 我楽音 響 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する