S660に市販の2DINナビ取付

_DSC3713_R.jpg
ホンダの軽スポーツカー「S660」です。

今回、ホームオーディオと同じ音楽フォルダーをクルマでも楽しみたいと言うユーザーの要望に答えるため、市販の2DINナビ「MDV-Z905」を取り付けます。


以前の作業は、こちら



_DSC3697_R.jpg 
PCオーディオの「ハイレゾ音源」圧縮の「FLAC」それにDSD音源にも対応したナビゲーションヘッド、「ケンウッド彩速ナビ」MDV-Z905を取り付けようと思います。

しかし、このS660は、普通で考えると2DINどころか1DINサイズさえも取り付けることが困難なんですね。(笑



_DSC3781_R.jpg 
2DINサイズを取り付けるためには、少し思い切った作業になります。

ボディーの強度に影響しない部位をカットしてスペースを作ります。



_DSC3789_R.jpg 
ナビを取り付けるベースを作り固定を考えます。

フレームに溶接されている鉄板部を加工してボルトナットで吊るします。



_DSC3798_R.jpg 
ナビを入れて角度や強度の確認をします。

ナビ本体の取付角度が、上を向きすぎると反射で画面に映り込みが入りますので注意が必要です。

ケンウッドの彩速ナビは、画面の角度調整で「逆チルト」がありますので、非常に安心感があります。


_DSC3806_R.jpg 
アシストパネルも加工します。

気になる助手席エアーバックの影響は、アシストパネルの上部ですので影響はありません。

また、このパネルに加工してもこの位置ならば車検は問題ないと思われます。



_DSC3808_R.jpg 
ファイバーテープを使い、アシストパネルを整形します。



_DSC3812_R.jpg 
アルミファイバーパテを使って肉盛りし、純正のラインに沿った自然なカーブを作ります。



_DSC3898_R.jpg 
ブラックレザーを貼って、フィニッシュです。



_DSC3820_R.jpg 
今回、ナビ以外にも少し音響にこだわる商品を取り付けます。

ESX社「X-DSP」プロセッサー
マッシブ社「DBX4」2000Wパワーアンプ

デモボードで非常に魅力的な音色を響かせるマッシブアンプですが、車載は初ですのでワクワクしますね。(笑
ド級の出力を持つアンプをHi-fi調で仕上げる予定です。



_DSC3750_R.jpg 
BAラボの「BE-727」です。
純正のUSB端子部に加工してつけます。

ちょっとした小技ですが、喜ばれます。(笑



_DSC3742_R.jpg 
バッテリーから「銅音シリーズ」電源ケーブルのプラス(緑)/マイナス(黒)を引き込みます。



_DSC3961_R.jpg 
バックカメラの取り付け

レカロのフルバケ車両は、体を捻って後ろを見るのがとても困難ですので、これで少し楽になると思います~(笑



_DSC3965_R.jpg 
安心を画像に。

ドライブレコーダーがあれば、セキュリテーにも効果的ですし突然のシャッターチャンスも録画されますので安心ですね。



_DSC3835_R.jpg 
室内スペースがあまりないS660は、アンプなどの取付場所には工夫がいりますね~


_DSC3894_R.jpg 
銅音接続ですべての配線を終わらせて、アンプ類を固定します。
ETCは、アンプ右側のナビ奥に固定です。

ナビの画面角度は、-1の逆チルトで映り込みもなくGOOD!



_DSC3942_R.jpg 
パネルを付けて完成です。

ほとんど純正と変わらない助手席の足元空間を確保できました。



_DSC3911_R.jpg 
アンプ類のメンテナンス性は、あまり良いとは言えませんが音質調整は、PCでほとんどのコントロールが可能ですので助かります。


ケンウッド彩速ナビ「Z905」のマルチメディア対応力は素晴らしく音色も素直です。
マッシブ「DBX4」のパワーアンプの分厚い音色はまた魅力的です。

帯域バランスをとりながら、ワイドレンジ且つ、パワフルで魅力的な音色をお求めます。

ポータブルナビのが無くなり、ダッシュボードの視界が広くなることで運転への集中力が増す感じとなり、ステアリングを握った状態でのナビを含む視認性は非常に良い感じだと思います。

S660のこの作業は、大変なのであまりお勧めしたくありませんが。。。(笑
Adagioでは、「クルマに合わせたオーディオの融合」をテーマに、ご提案させていただきますのでお気軽に問い合わせくださいね。





オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト

コメント

思い切ってばっさりいきましたね!
ですがあたかも純正のような完成度ですね!さすがです!
唯一無二のS6ですね!
ぎゅうぎゅうだ(笑)

2018/06/05 (Tue) 18:28 | 佐久間 #- | URL | 編集
我楽音 響

ありがとうございます~

結構苦労しましたが、そう言っていただけると頑張ったかいがあります。(笑
スポーツカーでは、アンプなどを設置する十分なスペースがあるのは少ないので、詰め込むテクニックも勉強しないといけませんね。

2018/06/05 (Tue) 21:15 | 我楽音 響 #- | URL | 編集
No title

さりげなく純正風も良いのですが...
私個人の好みはこの車の様にバッサリの方が好みですね(^▽^)/
アッ...!勿論仕上がりクオリティの良さが前提ですが

2018/06/05 (Tue) 23:29 | 絵谷 #- | URL | 編集
我楽音 響

ダッシュボードなどを切り刻むのは心が痛みますが、私自身は良いストレス解消に成ったりもしたりします~

うまく切れると、ひじょう~に爽快な気分になりますね。(笑

2018/06/05 (Tue) 23:47 | 我楽音 響 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する