FC2ブログ

レボーグに高音質スピーカー取付

_DSC3277_R.jpg
正確には、「レヴォーグ STI 」ですね。

スバルの水平対向ターボエンジン、シンメトリカル フルタイム4駆など非常に魅力的な車ですね。

この魅力的なエンジンは、低重心や振動の少なさにも定評があります。

オーディオを楽しむベースカーとしても、非常に良い車では無いでしょうか。

この車のファーストステップとして、フロントスピーカーシステムを見直してHi-fiサウンドを狙います。




_DSC3278_R.jpg 
取り付けるスピーカーは、Qrino「AA-13NN」です。

AAシリーズは、アルミ素材を特殊アルマイト処理により弾性を調整して各ユニットの音色を合わせた統一ダイアフラムが特徴です。

ツイーターの音場にウーファーがシンクロする魅力的なスピーカーです。



_DSC3285_R.jpg 
フロントドアをキレイに脱脂(掃除)するところから始まります。



_DSC3289_R.jpg 
ツイーターの位置や角度を慎重に決めると、後は一気に仕上げをしていきます。
内部損失が高く、質量もある「アルミファイバーパテ」を多量使い施工していきます。



_DSC3304_R.jpg 
スピーカーケーブルは、Qrino試作ケーブル「20CW」を使います。
帯電防止用のチューブをまとう完成形のスピーカーケーブルです。


_DSC3295_R_20180703134328e73.jpg 
インナーバッフルの加工です。
カバ桜合板を使って、スピーカーの落とし込みを入れたバージョンです。
さらに
ヒビキタ塗料で、木密度の調整を行います。
ヒビキタを使うと、カビも防止しますので経年変化が少なく長期に渡り高音質が持続出来ます。


_DSC3344_R.jpg 
バッフルの完成です。
試作の非磁性体ボルトナットを使い固定します。


_DSC3316_R.jpg 
内張りは、ダイポルギーのDP塗料を塗る前の処理から始まります。

下地作りですね。


_DSC3319_R.jpg 
下地ができると、DP塗料を塗布します。
このダイポルギーDP塗料は、700系の新幹線のパンタグラフ周辺に塗られているもので、重くぜずに全体の強度を上げる特徴があります。


_DSC3371_R.jpg 
塗料が乾いたら、OBM2の制振材を貼ります。
これは、振動を熱に変換するメカニズムを持つ制振材ですので補強と制振の2つの目的で活用できます。

ここから微調整ですね。



_DSC3360_R.jpg 
ドア防振の完成イメージです。

通常であれば、ここからまだ音出しをして微調整をすることが多いのですが、レボーグは多くの作業をさせて頂いていますので、スタート時から結構完成形に近い状態かと思います。



_DSC3375_R.jpg 
ツイーター取付用のピラー加工が出来ました。

純正風を意識して作っています。



_DSC3379_R.jpg
接続は、原則「銅音ジョイント」です。

真鍮製の端子を嫌い、無酸素銅の素材に拘ります。



_DSC3383_R.jpg 
ヘッドユニットは、オプションの三菱ナビですが、こちらも音質に影響の出る電源部、スピーカーケーブル類は全て、「銅音ジョイント」に変更します。



_DSC3394_R.jpg 
ヘッドユニットの電源は、バッテリーより直にプラス/マイナス共に引き込みます。

ヒューズも「銅音ミディー」で銅素材のヒューズを使います。



_DSC3390_R.jpg 
音出しです。

この瞬間が最も緊張しますね。

この段階で、及第点が出ることもあれば、ドアを外し直すこともありますが。。。

今回は、1発OKと行けそうです。(笑


三菱の純正ナビをフル活用して、音創りをしますが、純正タイプはプレミアムモードが無いのでネットワークなどは、LCRにてオリジナル制作です。

プレミアムモードは無くても、サウンドナビは高音質であることに変わりはないですね。

高分解能で情報量たっぷりなリアルなサウンドが広がります。

今回の取付ポイントを1つ紹介しますと、サウンドナビにありがちな中低域の繊細さを考慮して、ドア防振で帯域バランスを整えています。
中低域の量感を増やすように工夫していますが、今回それが1発でうまく決まったという事ですね~


レボーグにお勧めのファーストステッププランが出来たようにも思いますので、気軽に問い合わせてくださいね。




オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

スバル車はほんと沢山さわってますね✨
カーオーディオが似合う車種が多数ありますからね🎶

2018/07/03 (Tue) 21:52 | 絵谷 #- | URL | 編集
我楽音 響

確かに、スバル車は比較的多い気がしますね~

スバリストの皆さんは、こだわりが強いからオーディオにも妥協せずにシステムアップを繰り返されるので、こちらもやり甲斐(験体)があって楽しいです。(笑

2018/07/04 (Wed) 11:42 | 我楽音 響 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する