FC2ブログ

280SLベンツにオーディオ取付

_DSC4007_R.jpg
1967年式 280SL メルセデス・ベンツです。

SLは2シーター オープンスポーツの最高峰で、280SLは2代目の「W113」です。
何時間でも愛でれそうな美しいクラッシックカーですね。



_DSC3987_R_R.jpg 
60年代、フェラーリなどのスポーツカーと肩を並べる走行性能を誇っていたと言われるSLですが
初代300SLをベースに、1963年には機械式燃料噴射装置付きの2.8L 直6のSOHCエンジンを積んだ「280SL」へ進化し、より高性能、より高級車を強めたコンセプトがこの車へと進化しています。

「パゴダ・ルーフ」と称されるルーフが特徴で「もっとも美しいメルセデス」と称賛するマニアも多いと言われますね。



_DSC4078_R.jpg 
280SLの車内は、とても美しくエレガントで快適なデザインです。

この雰囲気を壊さないように、良質のオーディオを取り付けさせていただきます。




_DSC4280_R.jpg 
今回選んだメインアイテムです。

■パイオニア「DEH-970」・・1DINサイズのCDプレーヤーUSBやSDカードも対応
■ESX社 「6440DSP」・・・パワーアンプ(40W×4+70W×2)& DSPプロセッサー
■スピーカー Qrino「AaT-25」+DUA213ウーファーの合作

このシステムで、エッジの効いたリズミカルなサウンドを狙います。



_DSC4263_R.jpg 
コストパフォーマンスに優れる、DSP内蔵アンプのESX「6440DSP」ですが、少しの加工で非常に素晴らしい音色になります。
デフォルトで添付されているケーブルを加工して音創りを狙います。
端子は全て短く切断し「銅音接続」に変更して、Qrinoスピーカーケーブルや電源ケーブルで音色バランスを整えます。



_DSC4092_R.jpg
取り付ける場所は、グローブボックスを加工してインストルします。

しかし、このグローボックスは強固な完全鉄なんですね。



_DSC4202_R.jpg 
デッキが逆立ちしていますが、インストールイメージです。(笑

DSP部のコントローラーに、オーナー様ご要望のUSB充電口などをレイアウトします。



_DSC4162_R.jpg 
スピーカーは、この位置に取り付けます。
エアコン無しのタイプであれば、もう少し前側に取り付けることが出来ますが今回はこの位置です。

しかし、ここも完全鉄ですね。(笑



_DSC4211_R.jpg 
エアーソーにてカットします。
折返し2重鉄板に、縦方向にも鉄板が通っていました。

車両強度が落ちる部分ではないようなのですが、可能な限り少なめに切り落とします。



_DSC4217_R.jpg 
鉄板加工をすると、バリ取りをします。



_DSC4228_R.jpg 
錆止めをしっかり塗ります。



_DSC4225_R.jpg 
錆止め乾燥後に可能な限り、鉄粉を掃除します。



_DSC4188_R.jpg 
バッフル板の制作です。

完全カバ桜合板のバッフルです。



_DSC4297_R.jpg 
ブラックレザーを貼ってフィニッシュです。



_DSC4249_R.jpg 
使用するケーブルは、Qrinoケーブルです。
手頃な価格ですが、非常に高いパフォーマンスが特徴です。



_DSC4264_R.jpg 
バッテリー直引き電源です。

銅音シリーズの8Gワイヤーをプラス/マイナス引き込みます。


_DSC4326_R.jpg 
グローボックスの奥に、アンプ本体を固定します。



_DSC4388_R.jpg 
運転席側です。



_DSC4396_R.jpg 
助手席側のスピーカーです。
エアコンユニットがあるため取付スペースはギリですね。

また、上部のデッキ部は、通常フタをすると見えませんので、280SLの内装イメージを損ねることは無いと思います。



_DSC4384_R.jpg 
グローボックスのフタを開けて、デッキを操作しますが、フタを開けた状態でも案外イメージは悪くないと思います。

パワーアンプは、少しメンテしにくいところに固定しましたが、基本的な調整はPCで出来ますので微調整などは安心ですね。



_DSC4361_R.jpg 
完成です。
フタ側に電球色の照明がありますので、写真のように温かい光のライトアップ演出となります。
時を忘れて見とれてしまう50年前のクラッシック・ベンツに21世紀のサウンドが響きます。

キックサイドにまとめたセパレートユニットゆえ非常に位相特性の整った音色が聴けます。
足元にツイーターがあるとは思えない、ダッシュボード上に音場が上がり自然な奥行きで広がります。

キックサイドが、太めの鉄板に覆われた強固なエンクロージャー状態のためか、タイトで切れのあるサウンドも迫力満点で、エネルギッシュなドラムが躍動します。
少し、自己満足ですが。。。(笑
当初狙っていたサウンドイメージを超える音色が造れたのではないでしょうか。


世界にただ1つの個性を積んだクラッシックカーの誕生です。


アダージョでは、車の個性に合わせたオーディオシステムや音色のご提案をさせていただきますので、お気軽に問い合わせくださいね。





オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する