ルークス ウーファーBOX製作

ルークス外見
ルークスに「サブウーファー」を追加します。


ルークスBOX製作1
サブウーファーユニットは、ハイレスポンスで、付帯音をつけないQrinoベリリューム「BeW-25」を2基使用します。


ルークス完成系
こだわりは、樺桜合板のシールドエンクロージャーです。
BOX全体を適度に響かせて音色をつくります。


ルークスアンプラック
サブウーファーBOXを乗せるアンプラックも製作です。
こちらは、バーチ材を使いイメージを統一します。


ルークスアンプラック完成系
アンプラックの完成イメージです。
ウーファーBOXが乗る台となるので強度が必要です。



BOXにヒビキタ
ウーファーBOXの最終の味付けは、「ヒビキタ」塗料です。

使用量は、
なんと!500gでは足りません。



完成系
完成です!

ウーファーBOXは、インシュレーター「オトト木」を使い最終の音色が決定しました。
フロントスピーカーの「BE-13S」に見事にシンクロする違和感の無い鳴りっぷりです。

クラッシックの壮大なスケール感やジャズの分厚いウッドベースの胴鳴きまで非常に楽しくなります。



優先順位で、「音が1番のオーディオファイル」の皆さんに、ご提案するサブウーファーBOXです。


お気軽に「Adagio」まで、ご相談下さいね。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する