fc2ブログ

2ウエーサブウーファーの導入

_DSC4593_R.jpg
マツダ「アテンザ」です。

今回は、ワクワクする新しいチャレンジを試みます。

前回までの作業は、こちら




_DSC4573_R.jpg 
今回の作業のテーマは、2ウエーサブウーファーです。

ラトビアンバーチ材を使いエンクロージャーのパーツを切り出します。



_DSC4619_R.jpg 
いろいろ試させていただいていますが、今回はビスケット接合です。

シッカリとした切り出しができると、正確な組み上げが可能になるため、各部の直角が確実に出て強度が取れます。



_DSC4577_R.jpg 
このエンクロージャーは、センター部にキッカーのCWQ-10を使い、ローエンドを担当させて、両端にQrino「BeW-20」を使い、ハイスピードなステレオウーファーでフロントとの融合を狙います。


_DSC4628_R.jpg
 アンプとサブウーファーボックスのレイアウトを考慮します。

多くの選択肢から、音質と使いやすさを考慮して検討です。



_DSC4635_R.jpg 
メインどころのパワーアンプは、放熱性を考えてアンプBOXを制作。



 _DSC4648_R.jpg
完成イメージです。

音質に関係する部位は全て、ラトビアンバーチを使用しています。



_DSC4651_R.jpg 
ウーファーBOXが完成です。

予想よりは軽くできましたが、それなりに重みがあります。



_DSC4668_R.jpg 
アンプラックも組み上げです。



_DSC4688_R.jpg 
室内側のリクライニングを倒した状態です。

この状態でも、そこそこ大きな荷物は積めると思います。



_DSC4674_R.jpg 
トランクの全体像です。

なんだか複雑ですね。(笑

オプティマレッドは、ツインバッテリーですよ。



_DSC4678_R.jpg 
オプティマにカバーをかけるとサブウーファーのように見えますね。(笑



_DSC4696_R.jpg 
生地を貼った最終形態です。

ウーファーグリルから見える、オプティマレッドがいい感じです。



_DSC4713_R.jpg 
完成です!

意外と目立ちませんね。(笑

キッカーのIQ-1000.5のフロントブリッジで、L側の「BeW-20」リア側ブリッジでR側の「BeW-20」そして、SWモノラルでキッカーの25cmサブウーファーをドライブします。



_DSC4702_R.jpg 
2wayサブウーファーの導入でしたが、見た目以上にHi-fiで音質がまとまります。

フロントのハイレスポンス型のアコハマグネシュームに対して、サブウーファーが見事にシンクロします。

見事にベリリュームウーファーがフロントにシンクロしていきます。

このサウンドは、非常に魅力的ですね。
ただ速いだけではなく音楽として倍音のシンクロが見事にできているようです。


これは、良いですね。
2ウエーサブウーファー!!

ぜひ!

真似して下さいね~




オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト



コメント

我楽音 響

絵谷さん
マニアックな解説ありがとうございます。
2ウエーサブウーファーのタイムアライメント調整はなかなか大変ですが、
この作戦は非常に手応えがありますので、広めたいですね~(笑


2018/08/21 (Tue) 12:34 | 我楽音 響 #- | URL | 編集
No title

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-2ウエイサブウーファーと来ましたかΣ(・□・;)
私も計画中でしたが諸所のスケジュールの都合で先を越されました(´;ω;`)
ベリリウムのハイレスポンスに合わせキッカーの深いストロークの良いとこどりが凄く良いと思います。

2018/08/20 (Mon) 21:54 | 絵谷 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する