fc2ブログ

WRX S4に[HERTZ]と[MASSIV]の組み合わせ

_DSC6776_R_201810092306072e7.jpg
スバルの走りを代表するWRX「S4」です。

オプションオーディオシステムからステップアップです。
今回、Adagioとして初の組み合わせでの音創りに挑戦ですよ。



_DSC6802_R_20181009230609350.jpg 
今回導入するスピーカーは、HERTZ(ハーツ) の3ウエーです。

ツイーター・・・ML280.3/¥50000
スコーカー・・・ML700.3/¥54000
ウーファー・・・ML165.3/¥76000
本国イタリアの音色が楽しめると思います。



_DSC6808_R_20181009230610b94.jpg 
HERTZ(ハーツ)は、1998年にイタリアで設立された比較的新しいブランドです。
 設計・開発・生産を自社内で行なっておりラインナップはスピーカーを中心に高音質を目指した商品ラインです。



_DSC7046_R_20181009230613d21.jpg 
ユニットのスペックを少しみてみると
ツイーターML280.3の出力音圧レベルは、92dB・インピーダンス4Ω
スコーカーML700.3の出力音圧レベルは、90dB・インピーダンス4Ω
ウーファーML165.3の出力音圧レベルは、93dB・インピーダンス4Ω

非常にまとまった音圧レベルですので、パッシブでもマルチでも音が作りやすいと思います。



_DSC7218_R.jpg 
パワーアンプとプロセッサーです。
DSPは、AdagioではおなじみのドイツESX社の「X-DSP」です。

そして、パワーアンプは余りあるパワーを保持するアメリカの「MASSIV」マッシブです。
デジタルアンプですが、非常に魅力的な音色にハイパワー、ハイレスポンスなサウンドが同居しています。



_DSC7183_R_20181009231327e20.jpg 
ケーブルです。
ケーブルは、全てをQrinoケーブルで音色調整しますので、場合によってはオリジナルで少し音色を振ったりします。



_DSC7126_R.jpg
バッフルは、各種スピーカーで結果が出ている「カバ桜合板」+ヒビキタフィニッシュで音創りをします。



_DSC7156_R_201810092305131e1.jpg 
ジョイントは、もちろん銅音(アカガネ)接続です。



_DSC7158_R_20181009230515657.jpg 
ドア防振は、いつものオスカー防振ですが、この防振システムは非常に微調整が効きますので数回の調整で良いところを見つけれると思います。



_DSC7242_R.jpg 
ツイーターのAピラーへの取付です。



_DSC7240_R.jpg 
スコーカーは、銅音接続で純正位置に取り付けます。



_DSC7235_R.jpg 
バッ直配線は、銅音ケーブルの4ゲージをプラス+マイナス引き込みます。



_DSC7166_R_20181009231324b58.jpg 
ハイパワーな小型アンプは、放熱処理が重要です。
筐体がに空気が流れるように考慮します。

アンプボードもカバ桜合板ですね。



_DSC7253_R.jpg 
レボーグやWRXの座席下は、案外狭いのです。



_DSC7280_R_20181009231430c06.jpg 
これがギリギリのサイズです。

可能な限り、インシュレーター「プロジェクト1」と「音パチ」を活用して熱対策に努めます。


 
_DSC7276_R.jpg 
「X-DSP」のコントロール部です。

肘掛けの中ですね。



_DSC7305_R.jpg 
アンプは、くぼみにきっちり収まっていますので、後部座席に人が座ってもけることはないと思います。



_DSC7303_R.jpg 
運転席の下部です。

あと少し、BE-101ぐらいならば入りそうですね。(笑



_DSC7265_R.jpg 
音出しです。




_DSC7292_R.jpg 
新しい組み合わせの楽しい調整がまとまり、いよいよフィニッシュです。

イタリアのスピーカーですので、もっとアグレッシブにガンガン攻めてくるのかと思っていましたが、非常にピークディプのない整った帯域バランスに、シットリとした大人の音色が広がります。

予想外に、ナチュラルバランスの気持ちの良い響きが聴けます。

特に、クラッシックやジャズなどの楽器も奥行きと素材がよく表現され今後のエージングが楽しみで仕方がない鳴りっぷりですね。

イイですね。

このスピーカー。





オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト



コメント

我楽音 響

サブウーファ用としてもとても良いアンプですね。
パワー感が気持ち良いですよ~
フロントの分解能の高さに、ローエンドのエネルギーと情報量が出ると、空気感や奥行き感も良くなると思いますよ。
どんどん~妄想してくださいね。(笑

2018/10/12 (Fri) 18:16 | 我楽音 響 #- | URL | 編集

これがマッシブのアンプですね!
なるほど_φ(・_・メモメモ
サブ…サブ…(笑)

2018/10/12 (Fri) 12:15 | 佐久間 #- | URL | 編集
我楽音 響

そうですね~
楽しみな車です。

ハーツが非常に素直な音色だったので、アコハなどを少し入れてスパイスにしてもいいと思います。
ボリュームを上げてもイヤミがないのが気に入りましたね。

2018/10/10 (Wed) 20:39 | 我楽音 響 #- | URL | 編集
No title

スコーカーは思ったより手ごろな価格ですね( ̄▽ ̄)

ハーツネタは新鮮なのでじっくりと拝見させてもらいました
エージング後が楽しみな1台です

2018/10/10 (Wed) 17:13 | 絵谷 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する