fc2ブログ

マッシブ16cmサブウーファー導入~

_DSC8222_R.jpg
ダイハツのミラカスタムです。

今回は、ついにサブウーファーを導入です。

前回までの作業は、こちら




_DSC8206_R.jpg 
とにかくスペースを潰したく無いとの要望でしたが、ウーファーの強化も重要な項目でしたので、小型サブウーファーを導入です。




_DSC8213_R.jpg 
アメリカの「MASSIVE」マッシブと言うメーカーの「HIPPO XL64」と言う16.5cmのサブウーファーを採用です。

4ΩのDVCで、本体重量が4.7kあります。
かなり硬めの駆動システムで、耐入力は600Wありますよ。

エンクロージャーの設計は、シールドで0.35cub.ft(約10L)をイメージしました。
その時のQtcは、0.7なので小型でありながら少し余裕のあるタイトな低域が狙えますね。

さらに容積をもう少し、小さくしても行けそうな気がします。


_DSC8226_R.jpg 
パワーアンプは、ESX社の6440DSPでサブウーファー部のパワーは、70W(4Ω)✕2のモノラル接続を想定しています。



_DSC8237_R.jpg 
ウーファーBOXの設置場所は、リア座席のセンター位置です。
ここであれば、最もデッドな空間で丁度良いとのことになりました。


_DSC8242_R.jpg 
イイですね。
このサブウーファー!
16.5cmの小型ながら必要にして十分な量感を感じます。
やはりサブウーファーが上手く鳴ると、音場に深みが出て空間再現が豊かになります。

ミラカスタムの狭い空間が、非常に奥行きのある深いサウンドステージを感じます。
これにより、ボーカルの艶や色気のような表現も豊かになりますね。

この小型サブウーファーの使い方次第で、音創りの幅がかなり広がるのではないでしょうか。


次は。。。

このウーファーをフロントに設置してみたですね~




オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する