パイオニア S180D修復作業

エッジ交換
パイオニア S180Dのモディファイです。

まずは、ウーファー部の傷んだエッジを交換します。



エッジ交換2
ウレタンエッジは、消耗品ですので交換は可能です。



音だし

ユニット内容は、ベリリウム・リボン型トゥイーター、ボロン合金スコーカー、カーボングラファイトウーファーの3ウエーバスレフ構造です。

エッジ交換後の音質は、良くまとまったメーカー製品というイメージです。
ツーターとスコーカーにアッテネーターが入りレベル調整できるのですが、ウーファーの音に合わせた感じのバランスでしかまとまらず、鮮度やSN感の無いまとまった音というイメージです。



各部確認
内部の確認をしています。



ツイーター
各ユニットの確認です。



アナライザー
ベリリュームの抜けの良いサウンドを夢見て、少しずつ調整していきます。

最悪の場合に元に戻せるように、アナライザーを確認しながらの作業を心がけます。


私自身ワクワクする作業なので、自分の好みに振り過ぎないように気をつけなければなりません。(笑)





オーディオショップ「Adagio」では、可能な限りお客様のニーズを具現化するお手伝いをさせて頂きます。

気軽に、相談してくださいね。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する