fc2ブログ

WRXのパナ匠をより高音質に

_DSC7679_R.jpg
スバルのWRXです。

ディーラーオプションのパナソニック匠シリーズが搭載されている車ですので、これらを活かした高音質化プランのご提案です。



_DSC7753_R.jpg 
通常、スピーカーの交換からおすすめすることが多いのですが、パナソニックの「音の匠シリーズ」が搭載されていますので、それを活かしたご提案です。

メイン商品に、ESX「6440DSP」を使い現状のシステムをコントロールします。



_DSC7694_R.jpg 
電源は、バッテリーから直接プラス/マイナスをアンプとナビに引き込みます。

純正パナももちろんRCA出力は無いので、スピーカーケーブルを延長してアンプにHiインプットします。

接続はもちろん「銅音接続」です。


_DSC7704_R.jpg 
アンプ「6440DSP」は、助手席の下です。

アンプボードを作ります。
フロアーに、直置きよりもオーディオボードがあると、切れのあるハイレスポンスや高いSN感などが期待できます。


_DSC7760_R.jpg 
アンプの固定も音色に影響しますので重要です。



_DSC7766_R.jpg
アンプ部の完成です。
長い純正ケーブルが便利に付属していますが、全てカットして配線は目的に合わせてチョイスします。
接続はもちろん全て、銅音ですね。



_DSC7730_R.jpg 
スピーカーの「音の匠」にも少し手を入れます。

大型のフィルムフォンデンサーがついていますが、これは今回スルーにして、マルチ調整とします。


_DSC7744_R.jpg 
ファストンやギボシ端子を嫌い、可能な限り無酸素銅ベースの金メッキ端子の「銅音接続」としています。



_DSC7732_R.jpg 
ウーファーも同様です。



_DSC7737_R.jpg 
ドア防振は、今回はライトチューニングです。

ドアも内張りも必要な箇所にぽんとチューニングを施しています。



_DSC7768_R.jpg 
バッテリー配線を終えると、完成が見えてきます。



_DSC7776_R.jpg 
プロセッサーのコントロール部です。
肘掛けの中に入れています。
走行中に視界にはいらず、さり気なくオシャレですね。


_DSC7773_R.jpg 
完成です。

はじめてのスピーカーとナビのバランスに少し戸惑いましたがまとまりました。
流石は、こだわりの匠シリーズです普通の純正システムに比較すると明らかに高品位なサウンドが楽しめますね。

帯域バランスを整えて、ステージングを作っても情報量や分解能は十分に楽しめるものになりました。

既存のシステムのポテンシャルが、そこそこあるとDSP/アンプの「6440DSP」は非常にコストパフォーマンスが高いと思います。


このように、現状のオーディオシステムを活かしたご提案もさせて頂きますので、お気軽にご相談くださいね。




オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp










関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する