fc2ブログ

デミオに遮音処理

_DSC3506_R.jpg
マツダのデミオの室内を静かにする遮音作業をさせて頂きます。



_DSC3411_R.jpg 
車全体を作業していきますが、まずはルーフからです。


_DSC3422_R.jpg 
あくまでも車を静かにする事が目的なのですが、オーディオの音質に悪影響を与えないように気を使います。

ルーフをべた張りするとボディーの強度が変化して、サウンドはもとよりドライビングフィールにも悪影響が出ることがありますので、ここは慎重に作業していきます。



_DSC3441_R.jpg 
更に吸音材「EVA吸音フォーム」を敷き詰めます。



_DSC3455_R.jpg 
フロアーのリア側の作業です。
鉄板強度を考慮しながら、制震材にて鉄板強度を整えていきます。


_DSC3469_R.jpg 
ノイズレスマットを敷き詰めます。


_DSC3468_R.jpg 
フロント側から見た感じです。
イメージとしては、ノイズを遮断するように可能な限り隙間を作らないようにアルミガラスクロステープで止めていきます。


_DSC3472_R.jpg 
助手席の処理です。


_DSC3482_R.jpg 
運転席下部も同様の作業です。


_DSC3493_R.jpg 
ハッチバックも重要な箇所ですね。
制震と吸音が中心の処理となります。

 

_DSC3485_R.jpg 
実は、リアドアが最も重要な遮音ポイントなんです。
ここで手抜きすると、走行ノイズは消えません。


_DSC3487_R.jpg
リアドアの内張りも重要です。


_DSC3498_R.jpg 
リアのクオーターの内張りもしっかりと質量を入れながら制震していきます。


これらの処理で、走行中の気になるノイズが大幅に低減すると思います。
信号待ちで、となりに大型トラックが来てもさほど驚かなくなりますよ。

Adagioの遮音処理は、高速走行時のトンネルの中でも楽しくオーディオを楽しめることを基準に考えています。

平均で、6dB以上の遮音効果は期待できますので気軽に問い合わせくださいね。




オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する