fc2ブログ

マークXに市販の2DINナビ取付

_DSC1074_R.jpg
トヨタ マークXです。

たたずまいがとても渋い「ちょい悪マークX」に、ケンウッド彩速ナビ「MDV-Z905」の2DINナビとスピーカー交換による高音質化を図ります。



_DSC1081_R_2019020214435236c.jpg 
純正のエレクトロマルチビジョンですね~

このシステムに、市販の2DINナビを取り付けるのは結構難易度が高いのです。



_DSC1366_R.jpg 
純正のデッキを外してしまうと何かと問題が出ますので、どこかに移設をする必要があります。

このケーブル延長は、地味に大変です。(笑



_DSC1442_R.jpg 
最も邪魔にならないところを探して、ここに行き着きました。

トランクの上部ですので、荷物があたってなにかのスイッチを押したりとかの誤動作も無くなるので安心ですね。




_DSC1084_R.jpg 
ツイーターは、Aピラーを加工して取り付けます。

タイムアライメントを期待しない、アナログ的なセッティングを心がけます。

これにより、運転席のみならず助手席の音色も良くなるので重要ですね。




_DSC1088_R_20190202144333c46.jpg 
ツイーターのポジションと角度が決まったら、Aピラの肉つけ作業やフロントドアのバッフルなどを制作します。



_DSC1395_R.jpg 
生地を貼って完成です。

取り付けるスピーカーは、KICKERのKSシリーズ「KSS6504」16cm2ウエースピーカーです。
添付のパッシブは使わずにオリジナルNWで音作りをします。



_DSC1420_R.jpg 
ピラーへの取付です。

接続は、もちろん「銅音」接続ですね。




_DSC1373_R.jpg 
ドアバッフルです。

大型のバッフルですので低域も質感の高い音色が狙えると思います。




_DSC1413_R.jpg 
スピーカーケーブルは、AET社の「F200」です。
m/1.200円のケーブルですが、非常に素晴らしいパフォーマンスが期待できるケーブルです。



_DSC1415_R.jpg 
ドアチューニングも終了した完成形です。

遮音材のノイズレスマットが特徴的な「オスカー防振」です。



_DSC1429_R.jpg 
ドア内張りです。

こちらも、貼り過ぎずにポイント押さえで面共振を狙います。



_DSC1436_R.jpg 
彩速ナビ「MDV-Z905」の2DINナビを取り付けてフィニッシュです。

両サイドに少し隙間が出ますので、目隠しをして純正風の仕上げを狙います。



_DSC1469_R.jpg 
純正のモニター(上部)を外部入力にするとダブル画面となります。

迫力満点の映像が楽しめます。



_DSC1447_R.jpg 
彩速ナビ「MDV-Z905」ですので、CDはもちろんDVD、PCM32bitハイレゾもDSDハイレゾ、メモリーオーディオやMP4、ブルーツースミュージックと幅広い音楽ソースに対応しますので車の中でやりたいことが広がりますね。

音質はもちろんですが、車の中で色々なメディアが再生できるのはことのほか楽しいことです。

カーオーディオを更に楽しくさせる最新のナビゲーションは、オススメですよ~
取り付ける場所がない車もお気軽にご相談くださいね。







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する