fc2ブログ

フィットにスピーカー取り付け

1800px-55417.jpg
ホンダのフィットです。

オーナー様のお持ちのシステムを取り付けさせて頂きます。



1800px-5388.jpg
スピーカーは、2ウエーセパレートですので、Aピラーを加工して取り付けます。

ツイーターのポジションや角度は車の状況やピラーの強度なども考慮して慎重に調整していきます。




1800px-5475.jpg
フロントドアの清掃です。

ホンダ車名物のユルユルブチルです。
毎回泣かされます。。


1800px-5480.jpg
ここまで来るのに一苦労です。(笑



1800px-5400.jpg
インナーバッフルの製作です。

カバ桜合板で製作して、ヒビキタフィニッシュです。
ヒビキタ塗料は、木密度を上げることができるので、響を調整できて水対策、カビ対策ができる優れものです。



1800px-5427.jpg
ホンダ車の多くは、16cmウーファーを取り付けようとするとこのようになります。

Adagioでは、これはいただけないので原則カットさせて頂けるようオーナー様と相談します。



1800px-5453.jpg
エアーソーでカットしますが、鉄粉が清掃しやすいように工夫しています。



1800px-5457.jpg
カット面のバリを取ります。



1800px-5461.jpg
最後に、錆止めです。



1800px-5484.jpg
バッフルを取り付けると鉄板強度は当初よりも上がりますが、問題はそのバランスですね。
鉄板強度の微調整もドア防振の項目です。



1800px-5435.jpg
内張の加工です。
取り付けるスピーカーのグリルネットをアウターに取り付けます。

純正のドアグリルの透過率からすると格段に向上しますね。



1800px-5439.jpg
ドア内張の補強と防振です。

ここから微調整です。



1800px-5468.jpg
Aピラー完成

ツイーターも取り付けて設置です。



1800px-5518.jpg
純正風のフィニッシュを心がけました。

タイムアライメントをかけなくても音場が作れるように狙っていますので、助手席のサウンドもさほど悪くならないと思います。



1800px-5500.jpg
ドア部の完成形です。

スピーカーグリルがアクセントになり少しクールな仕上がりですね。



1800px-5524.jpg
トランク部に各種の機材を設置して荷物置き用のカバーを製作しました。
ウーファーボックスも半固定ですが運転で動くことが無いように固定しています。

いざ大物の荷物を積む場合は、ウーファーボックスが簡単に外せて、アンプラック上部と倒したシートがフラットになります。



1800px-5512.jpg
完成後の調整です。

パイオニアのP-01Ⅱですが、良い仕事をします。

昨今のワイドレンジかつ高分解能なサウンドでは無く、CDメインの太く厚い音色が魅力的です。

オーディオの面白いところです。
名器には、名器の片鱗が宿りますね。

今日でも色褪せない魅力的なサウンドが広がります。

実用的なサウンド フィットの完成です〜




オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する