fc2ブログ

86にオーディ取付

1800px-5119.jpg
トヨタの86です。

ユーザーさまの車乗り換えに伴う、オーディオの移設作業です。

結構ヘビーなシステムですので面白いですよ。(笑



1800px-5129.jpg
スピーカーは、ブラックスの2ウエースピーカーです。

ツイーターは、ピラーに固定します。



1800px-5133.jpg
ピラーとバッフルの作業経過です。

ピラー施工では、アルミファイバーパテを敦盛して、可能な限り質量を入れ共振を減らします。



1800px-5141.jpg
ウーファー用のドアバッフルの製作です。

カバ桜合板で、製作して「ヒビキタ」で木密度を調整します。


1800px-5171.jpg
バッフルの完成です。

なかなか、高級感ありますね。(笑



1800px-5136.jpg
ドア部の施工は、清掃から始まります。

純正のビニールシートを外して、脱脂処理から防振作業に移ります。



1800px-5188.jpg
ドア防振が終わりバッフルを固定します。

この時にも色々こだわりがありますよ。



1800px-5193.jpg
ドアの施工完成です。



1800px-5229.jpg
内張の施工も完成形です。

液体防振材「DP」乾燥後に、「OBMー2」を多用して、質量で防振します。



1800px-5221.jpg
Aピラーもブラックレザーフィニッシュで完成です。

レザー仕上げは、高級感があって良いですね。




1800px-5235.jpg
接続は、もちろんギボシなどは使わず「銅音接続」にこだわります。

銅音は、音質的な個性が出難いのでユニットの持つポテンシャルを素直に表現できるのでお勧めのマストアイテムです。


1800px-5263.jpg
ツイーター部の完成です。

アナログ調整でもソコソコの定位感を狙えるポジションと角度設定です。



1800px-5256.jpg
バッ直電源も引き込みます。

もちろん、ここでも銅音ケーブルです。



1800px-5237.jpg
アンプやサブウーファーの置き場所ですが、ユーザーの志向もあり少し変わった場所をいただけました。
その場所とは、場所ですよ。(笑




1800px-5244.jpg
86の後部座席は、とても人が乗れるものでは無いので、ここにおいて下さい。
との事でしたので、遠慮なくアンプラックを作ります。



1800px-5252.jpg
こんな感じで、フィニッシュです。

背もたれ部は、ビス固定なしに取り外しができます。
さらに、アンプラックをそのまま、トランク側に引き出すことが出来る仕様としました。

これにより、ディーラーでの車検時などでも、アンプラックをトランクに移動することが可能です。



1800px-5264.jpg
助手席をアンプラックにしたお陰で、トランクルームは全くの「無傷」状態です。

この方法もアリですね。




1800px-5259.jpg
ヘッドは、パイオニアの名機P-01Ⅱです。

ハイレゾの時代に、一昔前のP-01かよと思うかもしれませんが、これはこれで聴かせどころがありますね。
CD音源の厚みのなる音色は、昨今のハイレゾの時代の高分解能とは違う魅力が潜みます。

これは、ハマる人多いと思いますね。


低重心で抑揚感のあるサウンドは、86と言うスポーツカーの空間にマッチしたサウンドに感じます。
エンジン音やタイヤノイズに負けない太さのあるサウンドが魅力的です。


これであれば、楽しくてドンドンアクセルを踏み込んでしまうかも知れませんね〜






オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する