fc2ブログ

レクサスLS460のスピーカー交換

20191015-20190725-_DSC6062.jpg
トヨタレクサスブランドのLS460後期モデルにスピーカー交換によるサウンドチューニングを施します。



20190730-20190728-_DSC6112.jpg
純正のドアです。

トヨタの高級セダンらしいしっかりとした作りですね。



20190730-20190727-_DSC6082.jpg
スピーカーマウント用のインバーバッフルを「カバ桜合板」を使って整形していきます。


20190730-20190727-_DSC6092.jpg
含浸タイプのヒビキタ塗料にて、木密度の調整とカビ防止を兼ねて塗り込みます。

この時、左右で可能な限り同量の塗料になるようにするのが重要です。




20190730-20190728-_DSC6117.jpg
フロントドアのインナーバッフルが完成です。

オリジナルの真鍮ボルトを使って固定します。




20190730-20190728-_DSC6119.jpg
制振、防振、拡散材を適量施して、ノイズレスマットでフィニッシュしています。




20190730-20190728-_DSC6122.jpg
内張側も質量で防振を施して面共振になるような施工をしております。



20190730-20190728-_DSC6125.jpg
続いて、フロントダッシュボード上のスピーカー取付です。

純正の固定ベースを加工して、市販品のスピーカーをマウントします。




20190730-20190728-_DSC6144.jpg
今回のスピーカーたちです。

Qrino&kickerの複合スピーカーです。

ネットワークは、オリジナル制作で純正アンプでドライブしますよ。




20190730-20190729-_DSC6160.jpg
スピーカーケーブルは引き直します。

細くて芯のあるサウンドが特徴のQrino「16CB」です。




20190730-20190730-_DSC6177.jpg
ダッシュ上のスピーカーが取り付けできました。

純正のような美しい、フィッティングに自画自賛〜(笑



20190730-20190730-_DSC6184.jpg
デッキ周りも少し作業があるので、外します。



20190730-20190730-_DSC6170.jpg
純正アンプの配線です。

もちろん全て、銅音接続ですよ。




20190730-20190730-_DSC6193.jpg
配線終了後、エージングしながら微調整を施します。

パッシブは、やはり1回では決まらず少し迷走しましたが最終的には良い所で収まったかと思います。


純正と比較すると、音数情報量も低域のキレもエネルギー感も飛躍的に良い感じです。
今後エージングが進むにつれて、低域の粘りやローエンド、ボーカルのウエット感など期待できると思いますので、今後楽しみな仕上がりだと思います。





オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する