fc2ブログ

S660に高音質スピーカー取付

20200202-_DSC9792.jpg
ホンダの軽スポーツ「S660」です。

純正のデッキ?をそのまま活用して、スピーカー交換による高音質をねらいます。



20200202-_DSC9796.jpg
内張を外した状態です。

オプションの2ウエースピーカーが付いています。
バッフルとドア防振にによる音の方向を考えながらイメージしていきます。

オーナー様は、薄っぺらい音が嫌だと言われ質感の高さを要望されているので13cmウーファーを選択して、ロー側をフィルター無しで鳴らし切ります。



20200204-_DSC9896.jpg
ドアパネルの施工です。

S6の内張は、面の多いプラスティク整形ですので、分割共振を抑えて大きな面共振になるように前面に「ダイポルギーDP」を塗布します。

この作業には、下地を作る作業が必須卯ですので、時間をかけながら足付をします。



20200204-_DSC9905.jpg
続いて、液体制振材の「ダポルギーDP」を均一に塗布していきます。



20200204-_DSC9930.jpg
24時間の完全硬化後に、質量で共振点をズラす「OBM2」を貼っていきます。



20200204-_DSC9938_20200208211952656.jpg
同時進行のインナーバッフルです。



20200204-_DSC9995.jpg
インナーバッフの完成です。

カバ桜合板を使って質量を稼ぎます。
特殊なボルトを使って、鉄板とバッフルを固定します。


20200205-_DSC0001.jpg
今回使用するスピーカーです。

キッカーのKSシリーズです。
金属ツイーターでワイドレンジをバランス良く再生してくれます。

各ユニットに「銅音接続」のための準備を施しています。



20200203-_DSC9891.jpg
スピーカーケーブルです。
純正のオーディオユニットからダイレクトにスピーカーまでを配線します。
Qrinoブランド「16CB」です。



20200205-_DSC9997.jpg
ドア防振の完成です。



20200205-_DSC0005.jpg
ウーファーも銅音接続です。

ホンダ車は、13cmウーファーを選択すると鉄板加工なしで背圧が逃げます。



20200205-_DSC0010.jpg
少し配線がしにくいのですが、もちろんツイーターも「銅音接続」ですね。



20200208-_DSC0013.jpg
さらに、オリジナルパッシブも完全に銅音接続です。

これにより、他には無い音作りが完成します。
キモになるカップリングを何回かテストして最終の音色を決めます。



20200208-_DSC0018.jpg
完成形ですが、純正時とほぼ変わらない感じですね。




20200208-_DSC0022.jpg
8時間程度のエージングを掛けながら微調整をしましたが完成です。

重みのある中低域に切れとリズムに富むビートが気持ちよく弾けます。

未来のシステムアップで更なる高みが想像出来ますが、純正のデッキ部を活用してのサウンドと考えるとかなり良い鳴りっぷりかと思います。


走りとオーディオが融合する楽しいS6の誕生ですね。




オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
E-mail office@oscar-i.co.jp













関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する