fc2ブログ

NV100 クリッパーにオプティマバッテリー取り付け

20191124-_DSC8180.jpg
日産のNV100 クリッパーです。

働く車のNV100に乗られていたユーザーが、同じ色のNV100に乗り換えられました。
違いは、ターボ車だそうです。(笑

オーディオの載せ替えも順次行う計画ですが、今回はナビ取り付けとオプティマバッテリーの取り付けです。



前回までの作業は、こちら




20191120-_DSC8080.jpg
純正バッテリーです。
リアの荷物室の左前方の中途半端なところに、バッテリーが有ります。
しかも、アクセスする入口が結構狭いのです。



20191120-_DSC8084.jpg
純正の19バッテリーからオプティマレッド『RT925」に変更します。



20191120-_DSC8086.jpg
純正のベースフレームは、maxで24バッテリーが限界と思われるサイズなのでそれなりの加工が必要です。
ハイトアダプターを加工して、バッテリーの固定ベースを作ります。

これが出来たら、後は狭いアクセス口と格闘しながら根性でセットします。



20191120-_DSC8087.jpg
マイナス端子には、電流感センサーが有りますので、手前でカットしてオーディオ用のバッ直電源を配線します。

ここでは、ツインバッテリーシステムのため「銅音ケーブル」4ゲージを配線しています。




20191120-_DSC8090.jpg
バッテリー交換の完成です。



20191123-_DSC8176.jpg
さらに、荷物室にもう1つのオプティマレッド「RT925」を設置して、未来のオーディオシステムに備えます。


20191123-_DSC8174.jpg
続いて、ナビ部の取り付けです。

配線の電源部は、最低でも「銅音接続」にこだわります。



20191124-_DSC8188.jpg
ナビは、ケンウッド彩速ナビ「MDV-M906HD」で、内臓アンプでドライブします。
スピーカーは、以前の車で使用していたスピーカーを簡易的に載せ替えしています。

ケンウッドのMモデルですが、最高級シリーズの「Zシリーズ」と同等のクオリティーを持っていますので音質面でも期待できますね。

表示画面が非常に美しくなり、DSD含むほぼ全てのハイレゾ音源に対応します。
マルチメディア対応力NO1のナビだと思いますのでお勧めです。

今回は、簡易的にナビを取り付けましたが、次のステップでルーフの遮音とスピーカー取り付けを予定していますよ。






オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。



オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する