アルファードスピーカー取り付け

アルファード外見
トヨタ「アルファード」です。

自作で取り付けられているスピーカーを手直しさせて頂きます。

現状のサウンドは、金属製のバッフルとデッドニングの影響か分かりませんが、抑揚感のない苦しそうな鳴りっぷりで、お客様いわく「気持ちの良い音」にしてほしいとのご要望です。

システムは、パナソニックのナビに、パイオニアの2ウエーセパレートスピーカーです。



DSC05765.jpg
まずは、ツイーターの取り付け位置をAピラーにします。

アルファードのようにダッシュボードの広い車は、Aピラーの取り付けが最も現実的です。

大切なことは、角度の調整です。
実際に聞きながら微調整を繰り返します。



DSC05791.jpg
ポジションと角度が決まれば、パテ盛です。
この時のポイントの1つに、使用するパテの種類が重要です。

アルミ粉末の多く入ったファイバーパテを使用することで、共振の少ない音離れの良い上質な高音域が狙えます。



DSC05848.jpg
仕上げは、ポリパテで塗装しても良いぐらいの表面処理を心がけます。



DSC05842.jpg
バッフルです。

金属性のバッフルから大きく変わる「カバ桜合板」と「桐積層板」のハイブリッドバッフルを「ヒビキタ」を」使って目密度を調整します。



DSC05881.jpg
Aピラーの生地巻きです。

アルファードやプリウスなどのAピラーは、立体部が深く難易度の高い部類ですが慎重に確実に張ります。



DSC05902.jpg
ドア防振です。
自作の部材は、すべて取らせていただきました。

1からの音つくりです。



DSC05925.jpg
スピーカーの取り付けです。

ここでも、1ポイント!
オスカー特殊ねじ(非磁性体)を使い適正トルクで閉め付きます。



DSC05948.jpg

微調整を少し施して、完成です!

音色は、Qrinoスピーカーと違う音色ながらも魅力的な中広域に、歪間の少ない自然な空間が広がります。




DSC05958.jpg
お客様の「気持ちの良い音」の要望には、答える事のできたできた内容だと思います。

中低域もつまり感のない余韻たっぷりな音離れの良いサウンドが聴けます。

自作ユーザーの車を触らせて頂けると、オーディオの楽しいところがより伝わるのではないかと思います。
自作で、迷宮入りしてドンドン深くはまっていくケースは少なくないと思います。


是非!自作ユーザーの皆さまもAdagioでご相談くださいね。




オーディオショップ「Adagio」では、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する