RX-7フロントスピーカー取付

DSC05995.jpg
マツダ「RX-7」に、Qrino「AA-13NNの取り付けです。

ベッドは、パイオアの楽ナビで、内臓アンプをバイワイヤリング接続としてフロントスピーカーをドライブします。



DSC06124.jpg
RX-7のフロントバッフルは、非常に大きく少しラウンドした特殊形状です。

カバ桜合板と桐積層板を使い、「ヒビキタ」で木密度を調整します。




DSC06249.jpg
RX-7のドア配線は、なかなかの難度ですよ。
運転席も助手席も時間がかかります。




DSC06244.jpg
ドア防振は、オスカー防振です。
自由度の高さと、後からのチューニングが非常にやりやすいのです。




DSC06271.jpg
Aピラーの加工です。
Adagioでは、可能な限り「アルミファイバーパテ」を使用します。
質量があり、内部損失が大きいので音質的に有効です。

乾燥に時間がかかるのが玉に瑕です。




DSC06283.jpg
ドアのグリルカバーです。

純正のカバーを加工します。




DSC06294.jpg
Aピラーに、高級レザーを巻いて完成です。




DSC06308.jpg
フロントドアの状態です。

水に弱そうな造りなので、十分な水対策が必要です。




DSC06232.jpg
今回は、パッシブを組みます。

既存の値から、実車両で音を聴きながらコイルをほどきながら調整します。





DSC06372.jpg
完成です!

Qrino「AAシリーズ」の特徴である、ツイーターにシンクロした音像が気持ちよく定位します。
エッジの立った太目の中低域が気持ちよくリズムをとり、透明感のあるボーカルがリアルに歌います。


良い仕上がりだと思います。

スポーツカーや旧車乗りの皆さん、オーディオをあきらめずに楽しんでくださいね。





オーディオショップ「Adagio」では、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@qrino.com





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する