fc2ブログ

スズキ キャリーにオーディオ

20200909-_DSC4190.jpg
スズキの働く車、軽トラのキャリーです。

何代目なのかは知りませんが、農業用途とは思えないとても美しく手入れされたボディーですね。

楽しい農業は音楽と共にあるかもしれませんね。(笑




20200909-_DSC4200.jpg
パイオニアの新製品「ディスプレーオーディオの7インチ」をベースにスピーカーを取り付けます。



20200909-_DSC4208.jpg
純正は、ダッシュボード上に10cmのスピーカーがあるだけの仕様です。

もちろん、普通で考えると、ドアにはスピーカーは付きませんよね。(笑



20200909-_DSC4217.jpg
しかし、Adagioでは、あまり問題はありません。




20200909-_DSC4220.jpg
穴を開けるのは得意です。(笑



20200910-_DSC4225.jpg
カットした鉄粉がドア内に入らないように工夫をしながら作業をします。

バリ取りも重要ですね。




20200910-_DSC4229.jpg
さらに、サビ防止も重要です。




20200910-_DSC4232.jpg
アウターバッフルを製作して、窓ガラスのスライドレールに干渉しなところまで厚みを出していきます。

素材は、ラトビアバーチを使って水対策を考慮した高音質を狙います。




20200910-_DSC4239.jpg
鉄板の一部に段差があるので、アルミファイバーパテを使ってベースのフラット化をはかります。



20200910-_DSC4255.jpg
フロントのアウターバッフルとツイーターベースの完成です。

ツイーターベースは、純正のダッシュ部の固定ですが、隙間が空かないようにギリギリのサイズを狙っています。
また、ツイーター面の反射と防振対策で、ダイポルギーの液体制振材「DP−201」を塗布しています。



20200910-_DSC4256.jpg
配線です。

シンプルなシステムのディスプレーオーディオですが、車速センサーも必要です。



20200909-_DSC4216.jpg
もちろん、バッ直電源です。

ヒューズも「銅音ミディーヒューズ」で、プラスマイナス共に引きます。



20200910-_DSC4261.jpg
ドア防振は、今回簡易タイプですが、しっかりとツボは抑えていきます。




20200910-_DSC4269.jpg
ドアの内張も質量で、制振を狙います。



20200911-_DSC4285.jpg
ダッシュボードの純正位置にマウントしたツイーターです。



20200911-_DSC4296.jpg
ドアスピーカーのマウントも完成。



20200911-_DSC4291.jpg
ディスプレーオーディオをベースとするサウンドシステムですが、内臓アンプでマルチチャンネルシステムが設定できますので、結構なレベルで追い込む事が出来ます。

軽トラの狭い室内、直角シート、ドアのペラさなどの不安用さもありましたが、出てきたサウンドは普通の乗用車と遜色ないサウンドクオリティーを感じ取る事が出来ます。

非常に安定したサウンドステージに、帯域バランスも良好なまとまった音質ですので幅広い音楽を魅力的に奏でると思います。


これは、とても楽しい農耕期を楽しめるのではないでしょうか!


軽トラでも楽しいオーディオが楽しめますのでお気軽に問い合わせくださいね。






*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する