fc2ブログ

ベンツGLSのサウンドチューニング

20200905-_DSC4124.jpg
ベンツのフラッグシップSUV The GLSです。

純正ハーマンのサウンドシステムの音質に、不満を抱かれていたユーザーの要望に
振るためのチューニングさせて頂きます。




20200907-_DSC4134.jpg
純正と言えども流石フラッグシップモデルです。
フロントドアに3ウエーシステムが組み込まれていますね。

まずは、低域の量感が大きすぎて、ローエンドが出ず付帯音が付き過ぎの為ドアウーファーの環境を見直します。



20200907-_DSC4136.jpg
バッフル一体型の強固な樹脂パネルです。



20200907-_DSC4139.jpg
強度と雨対策の為かウーファーの背圧部が袋状になっています。
このあたりの影響も大きいかと思いますので対策します。



20200907-_DSC4145.jpg
遠慮なく樹脂部をカットして、水対策は別途行います。




20200907-_DSC4142.jpg
カット後は、見通しが良くなりますね。



20200907-_DSC4155.jpg
アウター側の制振処理を行いインナー樹脂側に強弱をつける特別なチューニングを施します。



20200907-_DSC4153.jpg
ドア内張の付帯音を減らす為に、質量のある制振材をポイントで押さえていきます。




20200907-_DSC4160.jpg
リアドアも同様の処理を行います。



20200907-_DSC4168.jpg
リアドアの内張です。
こちらも同様に質量で共振点をずらします。



20200907-_DSC4171.jpg
リアドアに関しては、遮音目的で張り込んである吸音材を活かしてそのまま貼り直してフィニッシュします。

リアドアからは、倍音域が出てもフロントにシンクロしないので押さえて方が濁りが減ることが多いですね。



20200907-_DSC4174.jpg
さらに、リアドアのツイーターは、配線を外してフロント音像に集中させます。

リアドアからは、特定の中低音だけを鳴らしますが、リア座席に座っても
さほど音質の違和感は感じません。



20200908-_DSC4184.jpg
リアのトランクスペースサイドに、サブウーファーがあります。

これがなかなかの曲者です。(笑

樹脂のエンクロージャーを補強して、リアクオーターパネル内張を補強します。




20200908-_DSC4182.jpg
吸音材のシンサレートを多用して、サブウーファーのエネルギーを調整します。

このウーファーのチューニングが非常に大きな意味合いを持ちますので、最終は聴きながら微調整を行います。




20200908-_DSC4178.jpg
微調整を繰り返して、完成です。

目指したのは、帯域バランスの安定です。

結果的に、中音域の情報量や表情が改善され非常にハイファイ的なサウンドに寄ったと思います。


低域不足もストレスですが、質の悪い(付帯音の多い)低域もストレスです。
少しの作業で、比較的スッキリとしたローエンドの感じる低音域にチューニングできたりもしますので、お気軽にご相談くださいね。







*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する