fc2ブログ

アルファードにスピーカー取付

20200828-_DSC3934.jpg
トヨタの高級ミニバン新型アルファードです。

流行りのディスプレーオーディオ搭載車両ですね。



20200828-_DSC3938.jpg
新型のディスプレーオーディオですが、音質的には必ずしも素晴らしいとは言えないようで、不満をお持ちのユーザーは多いようですね。

特に、低域の量感が多く付帯音が濁りを出すようなサウンドでクリアー感やレスポンスが悪い感じですので、スピーカー交換とドア防振、オリジナルネットワークで対策をはかります。



20200829-_DSC3941.jpg
バッフルは、大型となりますので音質的には非常に有効です。



20200829-_DSC3948.jpg
カバ桜合板に特殊な塗装を施してフィニッシュです。



20200829-_DSC3958.jpg
ドアの制振処理です。

ポイント抑えで、ドア全体が面共振になるように調整していきます。
これは、振動を積極的に集めて、熱に変換するための施工です。



20200829-_DSC3966.jpg
ツイーター部の加工です。

ハーツのツイーターを高音質コンデンサーで配線します。




20200829-_DSC3974.jpg
ウーファー部です。
完成したバッフルとハーツのウーファーです。



20200829-_DSC3976.jpg
低域の量感を出す為の処理を施します。

のちに、音を聴いて外したり微調整をしたりします。



20200829-_DSC3983.jpg
ドア防振の完成形です。

ノイズレスマットで遮音と水対策を施します。



20200829-_DSC3989.jpg
接続は、銅音接続です。

ファストンやギボシを嫌って、ターミナルで接続します。



20200829-_DSC3954.jpg
ドア内張は、質量のある制振材「OBM-2」を活用します。



20200829-_DSC4004.jpg
ツイーターを取り付けて完成です。




20200829-_DSC4018.jpg
当然の事ながらエージング(鳴らし)は必要ですが、それでも資質ははかれます。

純正の帯域バランスから大幅に改善されたバランスが「Hi-Fiテイスト」なバランスに改善されました。

純正時よりもはるかに大きな音量域でも音が潰れすにクリアーにレスポンスしています。

今後、エージングと共にハーツのスピーカーの音色が乗ってくると思いますので、非常に成長が楽しみな車の誕生です。


トヨタのディスプレーオーディオ最初の1歩として、オススメのステップかと思いますので、お気軽に問い合わせくださいね。






*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する