フォレスターにAピラー加工&ドア防振

DSC06501.jpg
スバルのフォレスターのサウンドチューニングです。
製作物は、Aピラー加工、バッフル、ドアグリルです。



DSC06520.jpg
ドア内張りです。
足付けをして、ダイポルギーの「ODP-211を塗布します。

グリル部分は、切り落とします。



DSC06644.jpg
切り落としたグリル部分に、サランネットを張るためのベースを作成します。



DSC06649.jpg
インナーバッフルとのクリアランスや角度が重要です。



DSC06561.jpg
Aピラーの加工です。
アナログで音をまとめるためツイーター角度を調整します。



DSC06694.jpg
ドア防振です。
アウター側鉄板の振動を効率よく熱変換するための加工を終わらせて、ノイズレスマットを張ります。



DSC06697.jpg
今回製作したインナーバッフルは、カバ桜合板の18mm2枚重ねです。
少し贅沢な素材ですね。



DSC06665.jpg
ドア内張りのスピーカーグリルです。
黒基調の内装飾に合わせて、締まり感の強い黒を使います。



DSC06682.jpg
Aピラーのツイーター取り付け完了です。
生地には、スバル車の内装にマッチするお勧めの素材を採用しています。


DSC06706.jpg
内張りの裏側です。
第一ステップです。
ここから微調整が始まるのです。



DSC06714.jpg
今回、パッシブは「簡易オリジナル」で行くことにします。

実際に聴きながらパーツのチョイスをします。




DSC06724.jpg
Aピラーの装着です。

落ち着きと質感のある生地ですね。



DSC06720.jpg
完成です!

いろんな音楽が聴けるように、歪が少なくツイーターに気持ちのよい倍音が乗るようなセッティングをしました。
長距離でもがんがん音楽を聴き込めるサウンドに仕上がってと思います。




オーディオショップ「Adagio」では、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@qrino.com




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する